暮らし

生活の質を向上させる
30のマナー

読んだ お気に入り1
11

美術館で、
いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。

美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。 | 生活の質を向上させる30のマナー

美術館に行くと、不思議な人たちを見かけることがあります。

作品を見ている時間より、タイトルや解説を読んでいる時間のほうが長い人たちです。

タイトルと解説をじっくり読んだ後、作品をちらっと見て、次に移ります。

作品を見ているだけでは意味が分からないので、タイトルと解説を読んで、意味を理解したいのでしょう。

結果として、作品を見ている時間より、文字を読んでいる時間のほうが長くなっています。

これでは、作品を見に来ているのではなく、文字を読みに来ている状態です。

もちろんそういう見方もありますが、美術鑑賞の本質が欠けています。

美術鑑賞の主役は、あくまで作品です。

美術鑑賞は、文字を読んでばかりではなく、あくまで作品の鑑賞を重視しましょう。

おすすめなのは、次の3ステップです。

(ステップ1)
作品をじっくり見る

(ステップ2)
タイトルと解説を読む

(ステップ3)
再び、作品を見る

それぞれのステップを、時間をかけて楽しむといいでしょう。

この3ステップで美術を鑑賞していけば、作品・タイトル・解説がうまく融合して、より深く作品を楽しめます。

まとめ

生活の質を向上させるマナー その11
  • まず作品をじっくり見てから、タイトルと解説を読み、再び作品を見る。
ボタンがなかなか留められないのは、実は危険な未来の前兆。

もくじ
生活の質を向上させる30のマナー
美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。 | 生活の質を向上させる30のマナー

  1. 最初の一口目は、もっともっと大事にしたほうがいい。
  2. ぎりぎり電車に乗れても、ドア付近で立ち止まらない。
  3. わざわざスーツに着替えてから来るお客さんが、ブランドショップに好かれる。
  4. 相手の名前を聞くだけで、あなたはいい人になれる。
  5. 同じ飲み物でも、ちびちび飲むのと、ごくごく飲むのとでは、味わいが変わる。
  6. 人の品性が表れるのは、何かを終えたとき。
  7. 今持っているハンカチとティッシュは、人にすぐ差し出せますか。
  8. 初対面は、自己紹介のベストタイミング。
  9. 面識ができれば、勇気を出して、挨拶をしてみる。
  10. 品性が表れるのは、ドアを開けるときより閉めるとき。
  11. 美術館で、いきなりタイトルや解説から読み始めていないか。
  12. ボタンがなかなか留められないのは、実は危険な未来の前兆。
  13. 部屋のカーテンを最後に洗濯したのは、いつですか。
  14. 部屋の中で、最も掃除を忘れがちな場所とは。
  15. なぜ服装によって、建物に入る前の脱着マナーが異なるのか。
  16. 自分一人でも「いってきます」「ただいま」は、きちんと言う言葉。
  17. お店の名前を覚えると、店長と仲良くなれる。
  18. 使い終わった傘には、あなたの内面と未来が表れている。
  19. 電車で痴漢に遭ったら、どうするか。
  20. 使い終わった物を捨てるときにも、ねぎらいの言葉はあっていい。
  21. 自然に出るあくびは、体からの大切なメッセージ。
  22. タクシーの指示を出すタイミングに、あなたの優しさが表れる。
  23. レジでの雑談が、後ろに並んでいる人の邪魔になっていないか。
  24. 宅配の人に、どんな対応をしていますか。
  25. 探し物がすぐ見つからないのは、整理整頓がおろそかになっている証拠。
  26. 急に大きな音が聞こえたときこそ、平常心。
  27. バナナの皮を踏んで転ぶのは、実は運のいい出来事。
  28. アンケートを書くのも、舞台観劇の一部。
  29. 「寝具で寝る」と考えるのではない。
    「偉大な存在に癒されている」と考える。
  30. 親におごってもらったときも「ごちそうさま」。

同じカテゴリーの作品