就職活動

面接の受け答えが上達する
30の心得

読んだ お気に入り4
8

緊張しているときの自分の反応を思い出せば、
必要な対策が見えてくる。

緊張しているときの自分の反応を思い出せば、必要な対策が見えてくる。 | 面接の受け答えが上達する30の心得

過去を振り返り、緊張する場面に直面したときの自分を思い出してください。

大事な試合・スピーチ・プレゼン。

手に汗握る緊張に包まれた状況で、自分はどんな反応であったか、思い出しましょう。

緊張したとき、どんな態度になるかは、人それぞれです。

早口で話しやすくなる。

手足が震えやすくなる。

おなかを下しやすくなる。

ほかにも、声が小さくなったり、笑顔が消えたり、下を向きがちになったりなどの反応もあるでしょう。

もし特徴のある反応が見られたなら、やはり面接でも同じ状態になる可能性が高いと考えていいでしょう。

自分の過去の体験を参考にして、あらかじめ対処方法を立てておくことが大切です。

 

たとえば、緊張したとき、早口になりやすければ、面接ではわざとゆっくりした話し方を意識すると効果的です。

手足が震えやすくなるなら、面接直前、深呼吸やストレッチなどすると、リラックスしやすくなるでしょう。

おなかを下しやすくなるなら、下痢止めの薬を面接直前に飲んでおくと、予防になります。

緊張対策とはいえ、人それぞれです。

緊張したときの反応は人によって異なるのですから、人によって適切な対策も変わります。

あなたはどんな反応をしやすいですか。

緊張しているときの自分の反応を思い出せば、必要な対策が見えてくるのです。

まとめ

面接の受け答えが上達する心得 その8
  • 過去に緊張したときの自分を思い出し、適切な対処を事前に考えておく。
水商売の経験は、隠すべきか。

もくじ
面接の受け答えが上達する30の心得
緊張しているときの自分の反応を思い出せば、必要な対策が見えてくる。 | 面接の受け答えが上達する30の心得

  1. 面接の第一印象は、最初の3分で決まる。
  2. 目的の分からない質問をする面接官の意図とは。
  3. 自己PRは、頑張ったことをアピールすることではない。
  4. 褒めてくる面接官は、基本的に裏があると思っていい。
  5. 立派に思える自己PRでも、違法や非常識な内容では、評価を落とす。
  6. 人によって定義が異なる質問には、どう答えるのが適切か。
  7. 面接は、聞かれたことを答える場ではない。
    企業に貢献したい気持ちをアピールする場。
  8. 緊張しているときの自分の反応を思い出せば、必要な対策が見えてくる。
  9. 水商売の経験は、隠すべきか。
  10. 成功談でも、該当者が多ければ、控えたほうが無難。
  11. 「御社が第1志望」では、平凡すぎる。
  12. 特定の質問を聞かれないようにするテクニック。
  13. 面接とは、お見合いのようなもの。
    お互いが選び合う、対等な立場。
  14. 長所を主張するつもりが、短所の露呈になっていないか。
  15. 「など」を省けば、言葉の印象が強くなる。
  16. 面接で複数の質問をするときに心がけたいマナー。
  17. 爽やかな笑顔は、あるものではなく、作るもの。
  18. 大きな成果だけでなく、少しの上達でも、自己PRになる。
  19. なぜ尊敬する人に「親」とは答えていけないのか。
  20. 実感や親しみを得やすい回答のほうが、面接官にも受け入れられやすい。
  21. 丁寧な言葉遣いも、言い方がだらしないと、悪印象。
  22. 悪い過去を正直に話すか。
    嘘をついて切り抜けるか。
  23. 面接で、両親を否定されたときの答え方。
  24. 話を弾ませるはずの相槌が、相手を不快にさせていませんか。
  25. うなずきには2種類ある。
    小さなうなずきと大きなうなずき。
  26. 縁故関係の自慢は、かえって本人の印象を下げる。
  27. 特に笑顔が必要な、2つの瞬間とは。
  28. 面接で笑顔は必須。
     ただし、常に笑顔ばかりも悪印象。
  29. あなたが思う真正面は、本当に真正面か。
  30. 恥ずかしくても、完全に正面を向いたほうが、確実に好印象。

同じカテゴリーの作品