勉強法

可能性を広げる
「勉強」のすすめ

読んだ お気に入り10
18

学問しすぎると、
悪口を言われるようになる。
悪口を言われるくらい学問しよう。

学問しすぎると、悪口を言われるようになる。悪口を言われるくらい学問しよう。 | 可能性を広げる「勉強」のすすめ

学問していると、悪口を言われるようになります。

みんなと同じであることが美徳と思っている日本人は、少し変わった人を特別視します。

 

でも、本当は、変わっていることこそが、美徳です。

好きな学問していると、いつか必ずそうなります。

「自分の学問は打たれるほど、杭が出た」と喜びましょう。

出る杭はよく打たれますが、好きなことを貫きましょう。

出る杭は打たれますが、出すぎた杭は打たれません。

熱意に驚き、何も言わなくなるのです。

私は、この経験を母親から受けました。

小学校2年生のころ、ある本屋で鉛筆を見ていたときのことです。

「お菓子を買って」というおねだりにはいつも反対する母ですが、鉛筆などの文房具を買うときは、笑顔を見せます。

勉強のためなら、いくらでもお金を出すといいます。

 

たしかに母は、勉強に関係するものなら何でも買ってくれました。

子供の勉強を思ってのことです。

本やノートは、無条件でショッピングカートに入れさせてもらえます。

 

しかし、小学校2年生当時、勉強が嫌いでした。

学校から出される勉強は面白くないし、楽しくないのです。

それから長い月日が経ち、勉強に対する考えが変わるときが来ます。

高校1年のときです。

私は体操部に所属していました。

将来は、体操で食べていければいいかなと思っていました。

それが高1の冬、ある1冊の本がきっかけで勉強に目覚めました。

勉強をし始めたというよりは、勉強に目覚めました。

勉強に対する前向きな考え方を知り、勉強が急に楽しくなったのです。

たった1冊の本がきっかけで、人間変わるものなのです。

それから私は猛烈に勉強するようになりました。

勉強は、すればするほどできます。

当たり前のことですが、それに気づき、楽しくて仕方ないのです。

ぐいぐい成績が上がり、勉強に拍車がかかります。

ついに英語と数学はクラスで一番になり、通知表で100を取ったこともあります。

参考書や問題集など、たくさんの本を母に買ってもらいました。

母は最初、私の勉強に対して寛大でした。

 

しかし、高校3年になり、進路決定するときのことです。

希望する進路は、レベルの高い国立大学でした。

大学受験までには足りないことが多くあり、大学受験に失敗しました。

浪人時代が始まりましたが、勉強に対する姿勢は変わらず、勢いを持って勉強していました。

存分に勉強ができて、本当に楽しかった時期でした。

苦しさもありましたが、それ以上の学ぶ楽しさがありました。

さらに進路変更があり、浪人生から留学生になります。

それからアメリカ留学で、私の学問が爆発します。

大量の本で、毎日「学ぶ楽しさ」で、幸せにあふれてしまいました。

そのときからです。

すごい量の本に比例し、一転して母の怒りが飛んでくるようになります。

学問しすぎて、悪口を言うのです。

「そんなにお金使うんやったら、いいかげん勉強やめて、日本に帰って、実家で畑でも耕してなさい」

それに対して、私はいつもこう謝っていました。

「たくさん勉強しすぎて、ごめんなさい」

私は母に「勉強しろ」と言われ、一方で「勉強するな」と言われてきました。

このおかげで、後に私は人生の矛盾に対して免疫を持つことになります。

学問していると、いずれ悪口を言われるようになります。

手を抜いているときは、さほど言われませんが、真剣になって取り組み始めると、時間もお金もそれだけかかります。

そのために、周りの人がぶつぶつ言ってくるようになります。

悪口を言われても、自分の「好き」を貫くことです。

悪口を言ってくるのは、友達かもしれません。

先生かもしれません。

親かもしれません。

悪口くらいで「好き」を諦めては、幸せな人生を諦めてしまうことになるのです。

まとめ

可能性を広げる「勉強」のすすめ その18
  • 悪口を言われるくらいに、学問を徹底する。
学問の究極は「キーワード」になる。

もくじ
可能性を広げる「勉強」のすすめ
学問しすぎると、悪口を言われるようになる。悪口を言われるくらい学問しよう。 | 可能性を広げる「勉強」のすすめ

  1. 学問は「学び」を「問う」と書く。
  2. 「学問を楽しむ」とは「幸せを楽しむ」という意味。
  3. 気づけばやっていることが、本当に好きなこと。
  4. 好きなことを学ぶことは「幸せ」になるということ。
  5. たとえ遊びでも、学ぶことができるなら、立派な学問。
  6. 「好き」を途中で止めない。
    「好き」を突き詰めるのだ。
  7. 「学ぶ」と「問う」両方あれば、何でも学問になる。
  8. 「学ぶ」と「問う」に必要なのは、本、人、経験。
  9. 「壁に当たったら、気持ちいい」それが学問の面白さ。
  10. 借金は好きなことには許される。
  11. 無駄な回り道をすることが、近道になる。
  12. 学校の勉強は、暗記。
    社会の学問は、気づき。
  13. メモをしながら話を聞くと、学問できる。
  14. 学問をすると、みんなと違う個性を持てる。
    社会では「みんなと違う人」を求めている。
  15. 感動するためには、学問が必要だ。
  16. いろいろなことに感動する人は、いろいろな刺激の受け皿を持っている。
  17. 好きなことを学問をするということは、幸せを学問をするということ。
  18. 学問しすぎると、悪口を言われるようになる。
    悪口を言われるくらい学問しよう。
  19. 学問の究極は「キーワード」になる。
  20. 「キーワード」は、無限に解凍できる。
  21. 1つの学問を突き詰めた共通点は、すべての学問に共通する。
  22. 学ぶより教えるときに、本当に身につく。
  23. 書くこととは、教えること。
    教えることとは、書くこと。
  24. 書く行為と考える行為が同時に起こる。
    書くから考えることができる。
  25. 謙虚な人ほど学問ができる。
  26. 学問とは、終わりのない娯楽だ。
  27. もっと積極的に、アウトプットを意識する。
  28. 好きな学問を突き詰めると、いつか、人の役に立つときがやってくる。
  29. 試して身につけることで「学問」は「道具」になる。
  30. 好きな学問を突き詰めると、幸せのための魔法となる。

同じカテゴリーの作品