勉強法

可能性を広げる
「勉強」のすすめ

読んだ お気に入り19
6

「好き」を途中で止めない。
「好き」を突き詰めるのだ。

「好き」を途中で止めない。「好き」を突き詰めるのだ。 | 可能性を広げる「勉強」のすすめ

好きなことをしているというのに、途中でやめてしまうことがあります。

「かっこ悪い、親に叱られる。お金がない」と、いろいろな理由があります。

「好き」は、突き詰めることが重要です。

幸せになるためには、好きなことをすることが分かりました。

好きなことをするためには、学問が必要であることが分かりました。

 

しかし、せっかくの「好き」を、止めてしまっているのです。

好きなことがあるのに「好き」を育てていないのです。

「好き」を育ててください。

「好き」を育ててどんどん大きくしていきましょう。

この学問という響きが、みんなを学問から遠ざけています。

学問は、かっこ悪くありません。

学問は、かっこいいことです。

「好き」を育てるためには、次のプロセスがあります。

知りたい→学ぶ→知る→納得→理解→新しい疑問→もっと知りたい→学ぶ→知る。

この繰り返しをすればいいだけです。

私は学問の繰り返しを途中で止めてはいけないと思い、今の水口貴博で「100パーセント」「好き」を突き詰めています。

友達が「貴博君、毎日何をやっているの」と聞きます。

私は「毎日、好きなことをやっているよ」と答えます。

友達が「好きなことって何?」と聞きます。

私は「本を読んだり、本を書いたり、映画を見たり、おいしいものを食べたり、パソコンを触ったり」と答えます。

友達は「毎日、いろいろやっているんだね」と答えます。

私は「毎日、好きなことしかやっていないよ」と答えます。

毎日好きなことしかしていません。

好きなことをしているからこそ、続けられているのです。

そもそも「幸せ」=「好き」=「学問」も、好きなことを毎日ずっとやっているからこそ、気づくことができました。

「好き」のおかげです。

この好きのおかげで、今、助かっています。

単純に好きなことを、やり続けてきた結果です。

もし好きを途中でやめていたと思うと、ぞっとします。

お金がなかったり、友達が邪魔をしてきたり、体調を崩したりと、いろいろな障害がありましたが、すべてバネにしてきました。

好きなことをするために、貫いてきました。

「学校があるから、会社があるから、お金がないから」と、言い訳はいくらでもできます。

 

しかし、好きなこともできない人生で、本当にいいのですか。

好きなことすらできなくて、何が人生なのですか。

好きなことをしないで、明るく楽しい人生が送れると本気で思っているのですか。

好きなことをせずに、幸せな人生は送れません。

明るく楽しい人生を送るには、好きなことをすればいいだけです。

それを途中で、止めないでほしいのです。

「好き」を育て続けることが大切です。

学校や会社など、言い訳はいくらでもできます。

自分の好きなことに対して言い訳なんてしないことです。

そんなことを言っていたら、本当に好きなことができません。

あらゆる手段を使って、好きなことをしましょう。

人に迷惑をかけてさえいなければ、遠慮なんてしなくても大丈夫です。

途中でやめてしまわず「好き」を貫いてしまいましょう。

まとめ

可能性を広げる「勉強」のすすめ その6
  • 好きなことは、徹底的になる。
「学ぶ」と「問う」両方あれば、何でも学問になる。

もくじ
可能性を広げる「勉強」のすすめ
「好き」を途中で止めない。「好き」を突き詰めるのだ。 | 可能性を広げる「勉強」のすすめ

  1. 学問は「学び」を「問う」と書く。
  2. 「学問を楽しむ」とは「幸せを楽しむ」という意味。
  3. 気づけばやっていることが、本当に好きなこと。
  4. 好きなことを学ぶことは「幸せ」になるということ。
  5. たとえ遊びでも、学ぶことができるなら、立派な学問。
  6. 「好き」を途中で止めない。
    「好き」を突き詰めるのだ。
  7. 「学ぶ」と「問う」両方あれば、何でも学問になる。
  8. 「学ぶ」と「問う」に必要なのは、本、人、経験。
  9. 「壁に当たったら、気持ちいい」それが学問の面白さ。
  10. 借金は好きなことには許される。
  11. 無駄な回り道をすることが、近道になる。
  12. 学校の勉強は、暗記。
    社会の学問は、気づき。
  13. メモをしながら話を聞くと、学問できる。
  14. 学問をすると、みんなと違う個性を持てる。
    社会では「みんなと違う人」を求めている。
  15. 感動するためには、学問が必要だ。
  16. いろいろなことに感動する人は、いろいろな刺激の受け皿を持っている。
  17. 好きなことを学問をするということは、幸せを学問をするということ。
  18. 学問しすぎると、悪口を言われるようになる。
    悪口を言われるくらい学問しよう。
  19. 学問の究極は「キーワード」になる。
  20. 「キーワード」は、無限に解凍できる。
  21. 1つの学問を突き詰めた共通点は、すべての学問に共通する。
  22. 学ぶより教えるときに、本当に身につく。
  23. 書くこととは、教えること。
    教えることとは、書くこと。
  24. 書く行為と考える行為が同時に起こる。
    書くから考えることができる。
  25. 謙虚な人ほど学問ができる。
  26. 学問とは、終わりのない娯楽だ。
  27. もっと積極的に、アウトプットを意識する。
  28. 好きな学問を突き詰めると、いつか、人の役に立つときがやってくる。
  29. 試して身につけることで「学問」は「道具」になる。
  30. 好きな学問を突き詰めると、幸せのための魔法となる。

同じカテゴリーの作品