勉強法

可能性を広げる
「勉強」のすすめ

8
29

試して身につけることで
「学問」は
「道具」になる。

試して身につけることで「学問」は「道具」になる。 | 可能性を広げる「勉強」のすすめ

学問では、習ったらすぐ試してみることが大切です。

学んだことでも試してみないかぎり、実際に本当かどうかわかりません。

体験し、自分の身に刻みこみます。

本から学んだ知識は知識にすぎませんが、体験が伴ったとき知識は経験へと変わります。

自分の「好きなこと」の経験量を増やしていきましょう。

好きで学んだことはどんどん試していくことで、自分の中に入っていくのです。

身につけるということです。

私は実際に学んだことを本にしています。

私が学んだことです。

本を書くときには、マイクロソフト社のWordを使っています。

Wordは、独学で学びました。

今まではWordを学ぶだけでしたが、今回の本の執筆では初めてWordを「道具」として使います。

学問でWordを学び終わり、Wordが使うための「道具」となったのです。

今までの学びによって、Wordは身についているものだと思っていました。

 

しかし、それはただ、学んでいるだけだったのです。

実際の「本を書くために使う」と、これがなかなかうまくいかないです。

今まで学んだだけで、身についていなかったのです。

練習と実戦は違います。

それでも以前にWordを学んだ経験があります。

今回は実際に実戦を通して、さまざまな機能を試しました。

最初は本を書くより、Wordのほうに集中が向いていました。

試しながら、Wordという学問が本当に身についてきました。

今ではWordを学んでいるのではなく、Wordを「道具」として使っています。

今までの学問が本当に身につき、今では私の「道具」です。

Wordを「道具」として、操ることができるようになりました。

好きな学問を道具にして、さらに次への大きな「好き」へとステップアップしていくのです。

自分が好きでやっている学問の最終目的は「幸せ」です。

幸せのために、好きな学問を、道具にします。

道具を使って自分が幸せになり、他人までもどんどん幸せにします。

映画『魔女の宅急便』の主人公キキは、最初は魔法のほうきを使うのに精いっぱいでした。

魔法のほうきを使えるようになるために学んでいました。

旅立ちの日を迎え、今まで学んでいた学問である「魔法のほうき」が「道具」になります。

道具となった魔法のほうきを使い、後にキキは自分が幸せになり、他人を幸せにするということに貢献していくのです。

可能性を広げる「勉強」のすすめ(29)
  • 学問を習った後は、実際に試して「道具」として活用する。
好きな学問を突き詰めると、幸せのための魔法となる。

もくじ
可能性を広げる「勉強」のすすめ
試して身につけることで「学問」は「道具」になる。 | 可能性を広げる「勉強」のすすめ

  1. 学問は「学び」を「問う」と書く。
    学問は「学び」を「問う」と書く。
  2. 「学問を楽しむ」とは「幸せを楽しむ」という意味。
    「学問を楽しむ」とは「幸せを楽しむ」という意味。
  3. 気づけばやっていることが、本当に好きなこと。
    気づけばやっていることが、本当に好きなこと。
  4. 好きなことを学ぶことは「幸せ」になるということ。
    好きなことを学ぶことは「幸せ」になるということ。
  5. たとえ遊びでも、学ぶことができるなら、立派な学問。
    たとえ遊びでも、学ぶことができるなら、立派な学問。
  6. 「好き」を途中で止めない。<br>「好き」を突き詰めるのだ。
    「好き」を途中で止めない。
    「好き」を突き詰めるのだ。
  7. 「学ぶ」と「問う」両方あれば、何でも学問になる。
    「学ぶ」と「問う」両方あれば、何でも学問になる。
  8. 「学ぶ」と「問う」に必要なのは、本、人、経験。
    「学ぶ」と「問う」に必要なのは、本、人、経験。
  9. 「壁に当たったら、気持ちいい」それが学問の面白さ。
    「壁に当たったら、気持ちいい」それが学問の面白さ。
  10. 借金は好きなことには許される。
    借金は好きなことには許される。
  11. 無駄な回り道をすることが、近道になる。
    無駄な回り道をすることが、近道になる。
  12. 学校の勉強は、暗記。<br>社会の学問は、気づき。
    学校の勉強は、暗記。
    社会の学問は、気づき。
  13. メモをしながら話を聞くと、学問できる。
    メモをしながら話を聞くと、学問できる。
  14. 学問をすると、みんなと違う個性を持てる。<br>社会では「みんなと違う人」を求めている。
    学問をすると、みんなと違う個性を持てる。
    社会では「みんなと違う人」を求めている。
  15. 感動するためには、学問が必要だ。
    感動するためには、学問が必要だ。
  16. いろいろなことに感動する人は、いろいろな刺激の受け皿を持っている。
    いろいろなことに感動する人は、いろいろな刺激の受け皿を持っている。
  17. 好きなことを学問をするということは、幸せを学問をするということ。
    好きなことを学問をするということは、幸せを学問をするということ。
  18. 学問しすぎると、悪口を言われるようになる。<br>悪口を言われるくらい学問しよう。
    学問しすぎると、悪口を言われるようになる。
    悪口を言われるくらい学問しよう。
  19. 学問の究極は「キーワード」になる。
    学問の究極は「キーワード」になる。
  20. 「キーワード」は、無限に解凍できる。
    「キーワード」は、無限に解凍できる。
  21. 1つの学問を突き詰めた共通点は、すべての学問に共通する。
    1つの学問を突き詰めた共通点は、すべての学問に共通する。
  22. 学ぶより教えるときに、本当に身につく。
    学ぶより教えるときに、本当に身につく。
  23. 書くこととは、教えること。<br>教えることとは、書くこと。
    書くこととは、教えること。
    教えることとは、書くこと。
  24. 書く行為と考える行為が同時に起こる。<br>書くから考えることができる。
    書く行為と考える行為が同時に起こる。
    書くから考えることができる。
  25. 謙虚な人ほど学問ができる。
    謙虚な人ほど学問ができる。
  26. 学問とは、終わりのない娯楽だ。
    学問とは、終わりのない娯楽だ。
  27. もっと積極的に、アウトプットを意識する。
    もっと積極的に、アウトプットを意識する。
  28. 好きな学問を突き詰めると、いつか、人の役に立つときがやってくる。
    好きな学問を突き詰めると、いつか、人の役に立つときがやってくる。
  29. 試して身につけることで「学問」は「道具」になる。
    試して身につけることで「学問」は「道具」になる。
  30. 好きな学問を突き詰めると、幸せのための魔法となる。
    好きな学問を突き詰めると、幸せのための魔法となる。

同じカテゴリーの作品