人生の教科書



健康

脳を刺激する
30の歩き方

お気に入り13 読んだ
8

「美しい花だ」
そう思える人は、
幸せだ。

「美しい花だ」そう思える人は、幸せだ。 | 脳を刺激する30の歩き方

忙しい人は、歩いているとき、道端にある花を見ることはありません。

そんな余裕はないからです。

どんなに美しい花があっても、気づけないのでは、ないも同然です。

花ばかりではありません。

おそらくそういう忙しい人は、身近にあるはずの数多くの幸せに気づかないまま、急ぎ足で通りすぎているに違いありません。

本当はあるのに「気づきにくい」もしくは「ない」と思っています。

おいしい食事、愛する人との時間、五体満足などです。

忙しいと、どうなるでしょうか。

おいしい食事を味わう時間がなくなり、愛する人とは愛を語り合う時間がなくなり、自由に体が動く幸せには気づけません。

当然、散歩なんて、時間があるときにしようと思います。

年配者がすることだと思う。

その考え方が、すでに余裕がないことを物語っています。

忙しいときこそ、散歩をします。

心の余裕を作るためです。

散歩は、心の治療です。

忙しくしている人に余裕の時間を与え、忘れかけていたことに気づかせる治療です。

自分は「今、忙しい」と思ったら、のんびり散歩をしてみましょう。

アクセルばかりを踏み続けようとする自分に、わざとブレーキをかけます。

歩いているとき、緑を眺める余裕ができます。

「美しいな」と、忘れかけていた感情がよみがえるのです。

まとめ

脳を刺激する歩き方 その8
  • 忙しい人ほど、
    時間を作って散歩を心がける。
姿勢が悪いから疲れやすい。
疲れるから、余計に姿勢が悪くなる悪循環。

もくじ
(脳を刺激する30の歩き方)

同じカテゴリーの作品