人生の教科書



リーダーシップ
犯人探しをしない。
リーダーシップ
今すぐやる。
うまくいかなかったら、変えればいい。
リーダーシップ
やることだけでなく、やらないことを決めるのもリーダーの仕事。
リーダーシップ
褒めるときには、すぐ褒める。
褒めることを、先に延ばさない。
リーダーシップ

人望のあるリーダーになる
30の条件

お気に入り7 読んだ
8

「どうやるか」より
「なぜやるか」の動機付けをする。

「どうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

優れたリーダーは、動機付けの達人です。

仕事には「なぜやるのか」という理由が必ずあります。

社会の中で損得が関係している仕事には、必ず「なぜやるのか」という理由があるのです。

 

しかし「なぜやるのか」より「どうやるのか」というノウハウばかりを教えている人が、思ったより多いことに驚きます。

少しでも部下にやる気になって仕事をしてもらうためには、動機付けが必要です。

やる気は、動機付けができないと湧き出てこないのです。

部下たちの動機付けは、指示することでも、偉そうにすることでもありません。

「なぜやるのか」という理由を説明するだけでいいのです。

リーダーは「どうやるのか」の前に「なぜやるのか」を部下たちに話すと「単調な仕事」が「意味のある仕事」に変わります。

今までだらだらしていた作業も、誰かの役に立っていることを知るだけで、気の持ちようが変わってくるのです。

今やっている仕事が社会の中でどう役立っているのか、どうつながっているのかを、きちんと話す必要があるのです。

まとめ

人望のあるリーダーになる条件 その8
  • 「なぜやるのか」を説明する。
弱いリーダーは、成功談を話す。
強いリーダーは、失敗談を話す。

もくじ
(人望のあるリーダーになる30の条件)

同じカテゴリーの作品