リーダーシップ

人望のあるリーダーになる
30の条件

20
1

リーダーの一番の仕事は
部下に、
「元気」を与えること。

リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

リーダーの仕事を難しく考えすぎていませんか。

リーダーは部下を叱ることが仕事だと思っていませんか。

リーダーの仕事は、叱ることではありません。

リーダーの仕事は、次の1つのみです。

部下に元気を与えることです。

リーダーが心がけるべきことは、この1つだけです。

仕事の指示をすることも大切ですが、部下が元気にやる気を出していれば、仕事は順調に進んでいきます。

仕事が順調に進んでいないからとはいえ部下を叱ると、余計に落ち込んでしまいます。

さらにやる気もなくし、もっと仕事ができなくなってしまうでしょう。

リーダーは、部下に元気を与えるだけでいいのです。

組織の図は、ピラミッドの形をしています。

リーダーが位置するのは、ピラミッドの頂点、あるいは頂点に近い部分です。

頂点に近ければ近いほど、実際の仕事は指示だけになります。

 

しかし、リーダーが部下に与えるのは、単なる指示だけではありません。

元気なのです。

部下が自分から進んでやりたくなるようなやる気を与えるのが、本当の優れたリーダーです。

指示をするだけなら、誰でもできます。

人を元気にさせるのは、それなりのコツがあります。

リーダーは、偉いからリーダーになったのではありません。

部下に元気を与えるのが上手だから、リーダーになれたのです。

本当に人望の厚いリーダーは、決まって元気を与えているリーダーです。

黒人差別反対リーダーのマーティン・ルーサー・キングJr牧師は、多くの人々に元気を与えた優れたリーダーの1人です。

当時1950年代、60年代のアメリカはまだ白人優勢の社会で、黒人には人的権利が与えられていなかった時代でした。

 

しかし、キング牧師は黒人の差別をなくそうと立ち上がります。

キング牧師を筆頭に、黒人差別撲滅運動を繰り広げ、白人黒人平等の社会にすることに、その一生をささげます。

特に黒人の差別がなくなることを夢描いたキング牧師の演説「I have a dream」は、世界的に有名な演説です。

キング牧師は演説によって、差別を受けている人に希望の光を与えます。

実際にキング牧師がしたことは、みんなに希望の光を与えるという偉業です。

1人でできなければ、みんなで立ち上がって夢を叶えようとします。

大きな活動を行うために、たくさんの人たちに「希望」という「元気」を与え、みんなを統率します。

本当のリーダーは、叱ることで、みんなを統率するのではないのです。

部下たちに元気を与えてやる気にさせることが、優れたリーダーの仕事なのです。

人望のあるリーダーになる条件(1)
  • 部下に「元気」を与えるリーダーになる。
「ありがとう」は、リーダーの基本。
優秀なリーダーであるほど、まず感謝を大切にする。

もくじ
人望のあるリーダーになる30の条件
リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

  1. リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。
    リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。
  2. 「ありがとう」は、リーダーの基本。<br>優秀なリーダーであるほど、まず感謝を大切にする。
    「ありがとう」は、リーダーの基本。
    優秀なリーダーであるほど、まず感謝を大切にする。
  3. 部下のやる気をなくさせるリーダーは、失格。<br>部下のやる気をかき立てるリーダーが、合格。
    部下のやる気をなくさせるリーダーは、失格。
    部下のやる気をかき立てるリーダーが、合格。
  4. 頭の中がきっぱりしている人は、お金を払うときもきっぱりする。
    頭の中がきっぱりしている人は、お金を払うときもきっぱりする。
  5. 褒めるときには、すぐ褒める。<br>褒めることを、先に延ばさない。
    褒めるときには、すぐ褒める。
    褒めることを、先に延ばさない。
  6. 「ホウレンソウしろ」という前に、自分が手本のホウレンソウを見せる。
    「ホウレンソウしろ」という前に、自分が手本のホウレンソウを見せる。
  7. 「我慢」で部下を育てるのではなく「達成感」で部下を育てる。
    「我慢」で部下を育てるのではなく「達成感」で部下を育てる。
  8. 「どうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする。
    「どうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする。
  9. 弱いリーダーは、成功談を話す。<br>強いリーダーは、失敗談を話す。
    弱いリーダーは、成功談を話す。
    強いリーダーは、失敗談を話す。
  10. 性格診断より、改善策を与える。
    性格診断より、改善策を与える。
  11. 部下の過去の話を持ち出さない。
    部下の過去の話を持ち出さない。
  12. 部下の専門知識を信じて、仕事をする。
    部下の専門知識を信じて、仕事をする。
  13. 「それくらい」は禁句。<br>「それくらい」と言うことで、部下の仕事を侮辱することになる。
    「それくらい」は禁句。
    「それくらい」と言うことで、部下の仕事を侮辱することになる。
  14. 優れたリーダーは、時間の大切さを知っている。
    優れたリーダーは、時間の大切さを知っている。
  15. 今すぐやる。<br>うまくいかなかったら、変えればいい。
    今すぐやる。
    うまくいかなかったら、変えればいい。
  16. 部下は「今のこと」を考える。<br>リーダーは「次のこと」を考える。
    部下は「今のこと」を考える。
    リーダーは「次のこと」を考える。
  17. やることだけでなく、やらないことを決めるのもリーダーの仕事。
    やることだけでなく、やらないことを決めるのもリーダーの仕事。
  18. 仕事を抱え込みすぎているリーダーは、失格。<br>部下に任せられることは、部下に任せる。
    仕事を抱え込みすぎているリーダーは、失格。
    部下に任せられることは、部下に任せる。
  19. リーダーの仕事は、改革。<br>中間管理職の仕事は、現状維持。
    リーダーの仕事は、改革。
    中間管理職の仕事は、現状維持。
  20. 人事異動には、組織を活性化させる効果がある。
    人事異動には、組織を活性化させる効果がある。
  21. 失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。
    失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。
  22. リーダーは、自分の代わりができる部下を育てる。
    リーダーは、自分の代わりができる部下を育てる。
  23. どんなことがあっても首を切らないことで「団結力」が生まれてくる。
    どんなことがあっても首を切らないことで「団結力」が生まれてくる。
  24. 「ここだけの話」をされると、部下はリーダーを信用できなくなる。
    「ここだけの話」をされると、部下はリーダーを信用できなくなる。
  25. 責任のある仕事を任せると、部下の能力は活性化される。
    責任のある仕事を任せると、部下の能力は活性化される。
  26. 改革を起こすには痛みが伴う。<br>痛みのない改革は、改革ではない。
    改革を起こすには痛みが伴う。
    痛みのない改革は、改革ではない。
  27. 「失敗しないように」という指示は、禁句。
    「失敗しないように」という指示は、禁句。
  28. 犯人探しをしない。
    犯人探しをしない。
  29. 脇役、悪役、小道具役が、リーダーの役目。
    脇役、悪役、小道具役が、リーダーの役目。
  30. 偉そうにしているのは、二流のリーダー。<br>謙虚になっているのが、一流のリーダー。
    偉そうにしているのは、二流のリーダー。
    謙虚になっているのが、一流のリーダー。

同じカテゴリーの作品