リーダーシップ

人望のあるリーダーになる
30の条件

読んだ お気に入り4
10

性格診断より、
改善策を与える。

性格診断より、改善策を与える。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

世の中には、いろいろな人がいます。

もちろん性格の明るい人もいれば、性格の暗い人もいます。

明るい人間がよく、暗い人間がダメということはありません。

暗い人間は、その人なりの価値観で生きているのです。

リーダーは暗い人に向かって「君、暗いね」と言ってはいけません。

「暗いね」なんて言ってしまうと、余計に部下を暗くさせてしまうだけです。

自分の性格を否定されたと思い、部下は落ち込んでしまいます。

部下を落ち込ませては、リーダー失格です。

リーダーの仕事は、部下に元気を与えることです。

そのためにリーダーは、性格の「改善策」を話すのです。

「もっと明るく話そうよ。元気よく電話に出ようよ。大きな声でハイと返事しようよ」と言います。

リーダーが元気よく「元気になろうよ」と言います。

それでダメなら、リーダーが元気の手本になり、仕事や人付き合いのやりとりの具体例を見せます。

こうした具体例を、部下は求めているのです。

自分の性格がどうであるかなんて、部下は聞きたくありません。

リーダーの仕事は、部下の性格診断ではないのです。

リーダーは、性格改善の具体例を出す人なのです。

まとめ

人望のあるリーダーになる条件 その10
  • 改善策を与える。
部下の過去の話を持ち出さない。

もくじ
人望のあるリーダーになる30の条件
性格診断より、改善策を与える。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

  1. リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。
  2. 「ありがとう」は、リーダーの基本。
    優秀なリーダーであるほど、まず感謝を大切にする。
  3. 部下のやる気をなくさせるリーダーは、失格。
    部下のやる気をかき立てるリーダーが、合格。
  4. 頭の中がきっぱりしている人は、お金を払うときもきっぱりする。
  5. 褒めるときには、すぐ褒める。
    褒めることを、先に延ばさない。
  6. 「ホウレンソウしろ」という前に、自分が手本のホウレンソウを見せる。
  7. 「我慢」で部下を育てるのではなく「達成感」で部下を育てる。
  8. 「どうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする。
  9. 弱いリーダーは、成功談を話す。
    強いリーダーは、失敗談を話す。
  10. 性格診断より、改善策を与える。
  11. 部下の過去の話を持ち出さない。
  12. 部下の専門知識を信じて、仕事をする。
  13. 「それくらい」は禁句。
    「それくらい」と言うことで、部下の仕事を侮辱することになる。
  14. 優れたリーダーは、時間の大切さを知っている。
  15. 今すぐやる。
    うまくいかなかったら、変えればいい。
  16. 部下は「今のこと」を考える。
    リーダーは「次のこと」を考える。
  17. やることだけでなく、やらないことを決めるのもリーダーの仕事。
  18. 仕事を抱え込みすぎているリーダーは、失格。
    部下に任せられることは、部下に任せる。
  19. リーダーの仕事は、改革。
    中間管理職の仕事は、現状維持。
  20. 人事異動には、組織を活性化させる効果がある。
  21. 失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。
  22. リーダーは、自分の代わりができる部下を育てる。
  23. どんなことがあっても首を切らないことで「団結力」が生まれてくる。
  24. 「ここだけの話」をされると、部下はリーダーを信用できなくなる。
  25. 責任のある仕事を任せると、部下の能力は活性化される。
  26. 改革を起こすには痛みが伴う。
    痛みのない改革は、改革ではない。
  27. 「失敗しないように」という指示は、禁句。
  28. 犯人探しをしない。
  29. 脇役、悪役、小道具役が、リーダーの役目。
  30. 偉そうにしているのは、二流のリーダー。
    謙虚になっているのが、一流のリーダー。

同じカテゴリーの作品