リーダーシップ

人望のあるリーダーになる
30の条件

8
21

失敗したら、
人を替えるのではなく、
システムを変える。

失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

リーダーは、部下の失敗を受け入れる寛大さが必要です。

部下だって失敗します。

部下は失敗しないと思ったら大間違いです。

同じ人間ですから、どこかで必ず失敗するものです。

大切なことは、失敗したからとはいえすぐ部下に当たるのではなく、失敗するようなシステムに問題があると考えることです。

部下が失敗しやすい人であるなら、失敗しにくいシステムを作るのです。

疲れやすい部下なら、疲れにくい仕事や全体的なシステムを見直すほうが遠回りなようで、実は近道なのです。

部下の失敗を怒鳴り散らし、すぐ首を切ってしまうようでは、人望はついてきません。

人望は「何とかできないか」というリーダーの姿勢から生まれます。

部下がいつも失敗するからとはいえ、すぐ叱るのではなく、何とかならないかと考えるのです。

何とかしようとしているリーダーを見て、部下はリーダーの「リーダーらしさ」を感じることができます。

首を切って人を替える前に、システムを変えるように考えることが重要です。

私は以前、校正を担当している人と、段取りのことで話し合ったことがあります。

以前は校正の人に、手紙で校正された文章を送ってもらうようにしていました。

 

しかし、それでは、届くまでにとても時間がかかります。

こういうときには、ほかの方法はないか考えてみることが大切です。

それで話し合った結果、お互いがファックスを持っているので、ファックスでやりとりをしよう結果になりました。

ファックスで校正を送ってもらう仕組みを作ることで、お互いの時間を節約できます。

相手も封筒や切手を用意する手間が省けますから、格段と楽になります。

何か壁に当たったときは、他人のせいにするのではなく、システムを見直して、改善していくのです。

できない人でさえ、できるようになるシステムを作っていけば、作業を段取りよく進めることができるのです。

人望のあるリーダーになる条件(21)
  • 人を替える前に、システムを変える。
リーダーは、自分の代わりができる部下を育てる。

もくじ
人望のあるリーダーになる30の条件
失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。 | 人望のあるリーダーになる30の条件

  1. リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。
    リーダーの一番の仕事は、部下に「元気」を与えること。
  2. 「ありがとう」は、リーダーの基本。<br>優秀なリーダーであるほど、まず感謝を大切にする。
    「ありがとう」は、リーダーの基本。
    優秀なリーダーであるほど、まず感謝を大切にする。
  3. 部下のやる気をなくさせるリーダーは、失格。<br>部下のやる気をかき立てるリーダーが、合格。
    部下のやる気をなくさせるリーダーは、失格。
    部下のやる気をかき立てるリーダーが、合格。
  4. 頭の中がきっぱりしている人は、お金を払うときもきっぱりする。
    頭の中がきっぱりしている人は、お金を払うときもきっぱりする。
  5. 褒めるときには、すぐ褒める。<br>褒めることを、先に延ばさない。
    褒めるときには、すぐ褒める。
    褒めることを、先に延ばさない。
  6. 「ホウレンソウしろ」という前に、自分が手本のホウレンソウを見せる。
    「ホウレンソウしろ」という前に、自分が手本のホウレンソウを見せる。
  7. 「我慢」で部下を育てるのではなく「達成感」で部下を育てる。
    「我慢」で部下を育てるのではなく「達成感」で部下を育てる。
  8. 「どうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする。
    「どうやるか」より「なぜやるか」の動機付けをする。
  9. 弱いリーダーは、成功談を話す。<br>強いリーダーは、失敗談を話す。
    弱いリーダーは、成功談を話す。
    強いリーダーは、失敗談を話す。
  10. 性格診断より、改善策を与える。
    性格診断より、改善策を与える。
  11. 部下の過去の話を持ち出さない。
    部下の過去の話を持ち出さない。
  12. 部下の専門知識を信じて、仕事をする。
    部下の専門知識を信じて、仕事をする。
  13. 「それくらい」は禁句。<br>「それくらい」と言うことで、部下の仕事を侮辱することになる。
    「それくらい」は禁句。
    「それくらい」と言うことで、部下の仕事を侮辱することになる。
  14. 優れたリーダーは、時間の大切さを知っている。
    優れたリーダーは、時間の大切さを知っている。
  15. 今すぐやる。<br>うまくいかなかったら、変えればいい。
    今すぐやる。
    うまくいかなかったら、変えればいい。
  16. 部下は「今のこと」を考える。<br>リーダーは「次のこと」を考える。
    部下は「今のこと」を考える。
    リーダーは「次のこと」を考える。
  17. やることだけでなく、やらないことを決めるのもリーダーの仕事。
    やることだけでなく、やらないことを決めるのもリーダーの仕事。
  18. 仕事を抱え込みすぎているリーダーは、失格。<br>部下に任せられることは、部下に任せる。
    仕事を抱え込みすぎているリーダーは、失格。
    部下に任せられることは、部下に任せる。
  19. リーダーの仕事は、改革。<br>中間管理職の仕事は、現状維持。
    リーダーの仕事は、改革。
    中間管理職の仕事は、現状維持。
  20. 人事異動には、組織を活性化させる効果がある。
    人事異動には、組織を活性化させる効果がある。
  21. 失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。
    失敗したら、人を替えるのではなく、システムを変える。
  22. リーダーは、自分の代わりができる部下を育てる。
    リーダーは、自分の代わりができる部下を育てる。
  23. どんなことがあっても首を切らないことで「団結力」が生まれてくる。
    どんなことがあっても首を切らないことで「団結力」が生まれてくる。
  24. 「ここだけの話」をされると、部下はリーダーを信用できなくなる。
    「ここだけの話」をされると、部下はリーダーを信用できなくなる。
  25. 責任のある仕事を任せると、部下の能力は活性化される。
    責任のある仕事を任せると、部下の能力は活性化される。
  26. 改革を起こすには痛みが伴う。<br>痛みのない改革は、改革ではない。
    改革を起こすには痛みが伴う。
    痛みのない改革は、改革ではない。
  27. 「失敗しないように」という指示は、禁句。
    「失敗しないように」という指示は、禁句。
  28. 犯人探しをしない。
    犯人探しをしない。
  29. 脇役、悪役、小道具役が、リーダーの役目。
    脇役、悪役、小道具役が、リーダーの役目。
  30. 偉そうにしているのは、二流のリーダー。<br>謙虚になっているのが、一流のリーダー。
    偉そうにしているのは、二流のリーダー。
    謙虚になっているのが、一流のリーダー。

同じカテゴリーの作品