ダイエット

ダイエットが成功する
30の方法

読んだ お気に入り8
11

噛む回数を増やせば、
食べる量も自然と減る。

噛む回数を増やせば、食べる量も自然と減る。 | ダイエットが成功する30の方法

太りやすい人の食生活には共通点があります。

 

「早食い」です。

 

まず、一口の量が多い。

しっかり噛まず、胃に流し込むかのように食べます。

そのため、満腹を感じるころにはすでに「食べすぎ」の状態になっていて、カロリーオーバーになっています。

ダイエットを成功させるためには「よく噛む習慣」を身につけましょう。

噛む回数を、今の2倍、あるいは3倍にします。

多ければ多いほどいいでしょう。

噛む回数を増やせば、必ずダイエットは成功します。

満腹を感じやすくなるため、食べる量が自然と減るからです。

もちろん食事のスピードが2倍から3倍に長くなりますが、いい。

よく噛んで満腹中枢を刺激して、ゆっくり食べるので、食べすぎを防ぐことができるのです。

まとめ

ダイエットが成功する方法 その11
  • よく噛んで、ゆっくり食事をする。
朝は、1杯の野菜ジュースから。

もくじ
ダイエットが成功する30の方法
噛む回数を増やせば、食べる量も自然と減る。 | ダイエットが成功する30の方法

  1. 「痩せるぞ」という決意から、ダイエットは始まる。
  2. 食べないダイエットほど、失敗しやすいダイエット法はない。
  3. 朝食を抜くダイエットだけはやめてほしい。
  4. 用事もないのに、コンビニには行かない。
  5. 寝る直前は、食事をしない。
  6. ダイエットのポイント。
    「夜は食べない。
    朝に食べる」
  7. 寝られないときには、ホットミルクやホットココアを飲めばいい。
  8. スナック菓子は、かわいい顔をした悪魔。
  9. パンよりご飯のほうが、ダイエットが成功しやすい。
  10. 空腹感は、笑ってごまかす。
  11. 噛む回数を増やせば、食べる量も自然と減る。
  12. 朝は、1杯の野菜ジュースから。
  13. 痩せるために、バスタイムを工夫しよう。
  14. 豆腐は、最高のダイエットフード。
  15. 太る原因は「太りやすい体質」だからではない。
    「体を動かさない習慣」こそ、真の原因である。
  16. テレビ・パソコン・携帯を見つめていると、寝つきが悪くなる。
  17. 寝る前は「読書」と「ストレッチ」がおすすめ。
  18. つま先歩きで、手軽にカロリー消費をアップ。
  19. 「お菓子・コンビニ・テレビ」を、視界に入れない。
  20. カロリーオフの人工甘味料には、意外な危険性がある。
  21. プラスを想像していると、食事がよりおいしくなる。
  22. 毎日、お風呂上がりに体重計に乗る。
  23. 夜型人間は太りやすい。
    朝型人間は太りにくい。
  24. 太っている人とは、距離を置く。
  25. 食前の一口の水が、食事の量を抑える。
  26. 太っている人と痩せている人は、食べ方に違いがある。
  27. ストレス管理こそ、ダイエットに成否を分ける。
  28. 1品目ばかりを食べるダイエットは、痩せることができても体には悪い。
  29. カラオケは「カロリー消費・ストレス発散・友達との交友」を同時に実現する。
  30. サプリメントは、生活の支えの1つ。

同じカテゴリーの作品