仕事効率化

仕事ができる人になる
30の方法

読んだ お気に入り23
8

スピードを出すほど、
失敗を感じなくなる。

スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。 | 仕事ができる人になる30の方法

世の中、早く失敗したほうが、最後にはうまくいくようになっています。

大切なことは、どれだけ早くノウハウを学ぶか。

本で学ぶことも大切なことです。

 

しかし、本だけでは本当には身につきません。

本当に身につくのは、経験からです。

特に「失敗経験」はとても貴重です。

失敗経験には、必ず成功のタネが含まれています。

失敗経験の数をこなしておくと、たくさんの本物のノウハウを身につけることができます。

実体験という経験ほど、ためになる勉強はありません。

できる人になるために大切なことは「失敗くらいで、くよくよしない」ということです。

本当のところ、できる人にはとてもスピードがあるため、失敗にくよくよする時間がありません。

失敗が怖い人は、スピードをつけてやればいいのです。

失敗という壁は、スピードをつけて体当たりしていくと、壁が壊れるようになっています。

壁で立ち止まってどうしようと悩まず、貫くことを想像して、体当たりしていけばいいのです。

スピードを出せ、その上失敗の数もこなせます。

失敗をしているにもかかわらず、本人はそう感じていない理由は、スピードを出しているからです。

失敗して笑っている人は、スピードのある人です。

やりたいことでスピードを出せば、怖いことも怖くなくなってしまうのです。

まとめ

仕事ができる人になる方法 その8
  • 日頃から、失敗をたくさん経験する。
メリットよりデメリットに注意を向けることで、よりよい判断ができるようになる。

もくじ
仕事ができる人になる30の方法
スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。 | 仕事ができる人になる30の方法

  1. できる人は、自分を口説ける人だ。
  2. できる人とできない人の一番の違いは「意識」だ。
  3. 考えるより、やってしまう人間が成功する。
  4. やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
  5. 気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
  6. 成功に大切なことは、たった3つ。
    本・人・経験。
  7. 計画を立てると、要領がよくなる。
  8. スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
  9. メリットよりデメリットに注意を向けることで、よりよい判断ができるようになる。
  10. やりながら、次のことを考える。
    せっかく出たスピードを落とさない。
  11. 疲れたら、しっかり休む。
  12. 解決するから、行動するのではない。
    行動するから、解決する。
  13. 頭と体の両方で行動する。
    頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
  14. 倒れるときも、ただでは倒れない。
    何とか前に倒れようと努力する。
  15. 他人を助けることで、自分が助かる。
  16. 迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。
    さっと決めれば、すぐ行動できる。
  17. プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
  18. 「学生の仕事は、勉強だ」
  19. 家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
  20. 早く失敗した人の勝ち。
    失敗とは、成功のこと。
  21. 人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
  22. 毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
  23. 失敗は避けるためにあるのではない。
    失敗は体当たりするためにある。
  24. 感謝とお礼は、できるだけ早くする。
  25. 仕事をしている感覚さえなくそう。
    習慣にしてしまえばいい。
  26. 異物こそ、成長に必要。
    むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
  27. できる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
  28. できる人は、名前をしっかり覚えることができる。
  29. テレビでにこにこしているだけで視聴率が上がる。
    いつも笑っている人には、福が来る。
  30. いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。

同じカテゴリーの作品