執筆者:水口貴博

仕事ができる人になる
30の方法

12
1

お金をもらって仕事をするかぎり、
プロ意識は必須。

お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。 | 仕事ができる人になる30の方法

ときどきプロ意識を持つことに抵抗を持つ人がいます。

「私なんかがプロ意識を持つなんておこがましい」

「実力もないのにプロ意識を持つのは恥ずかしい」

「アマチュアがプロ意識を持つのは不自然だ」

もちろん仕事でも何でもないなら、別にプロ意識は必要ないでしょう。

趣味や遊びでやっていることなら、軽い気持ちであろうと中途半端で終わらせようと問題ありません。

しかし「お金をもらう仕事」であれば、必ずプロ意識を持つようにしてください。

選択の余地はなく「持つ」の1択です。

「持ってもいい」「持ったほうがいい」ではなく「持たなければいけない」というレベルです。

スキルが低かろうと、キャリアが浅かろうと、実力が不足していようと、仕事であればプロ意識を持って取り組むことが必要です。

お客様から見れば、社員であろうとアルバイトであろうと「会社の人」として映ります。

たとえ入社したばかりの新人でも「会社の人」として映ります。

お金が発生しているかぎりは、プロ意識を持って取り組むことです。

お金をもらって仕事をするからには、スキルやキャリアに関係なく、プロ意識を持って仕事に取り組むことが大切です。

プロ意識を持つと「ベストを尽くす姿勢」が生まれます。

手抜きをすることなく、持てる力をすべて発揮しようとなり、自然とクオリティーの高い仕事ができるようになります。

「大した結果しか出せなくて申し訳ない」と思うかもしれませんが、胸を張って自信を見せてください。

頼りない姿勢を見せるのはお客様を不安にさせます。

時には演技も必要となりますが、少なくともプロ意識を持って「ベストを尽くす」という姿勢だけは徹底することです。

お金に見合うだけの仕事ができないなら、1日でも早く実力を身につけ、お金に見合うだけの仕事ができるようになりましょう。

プロ意識を持つから、仕事に対する誠実な姿勢が生まれ、結果としてクオリティーも高くなっていきます。

プロではなくても、プロ意識を持ってベストを尽くし、少しでもお客様に満足していただける結果を出すことです。

お金をもらう仕事であるかぎり、プロ意識は必須なのです。

仕事ができる人になる方法(12)
  • お金をもらう仕事であるかぎり、スキルや役職に関係なく、プロ意識を持って仕事をする。
クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。
プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。

仕事ができる人になる30の方法
仕事ができる人になる30の方法

  1. 仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
    仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
  2. 仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
    仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
  3. 考えるより、やってしまう人間が成功する。
    考えるより、やってしまう人間が成功する。
  4. やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
    やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
  5. 気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
    気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
  6. 成功に大切なことは、たった3つ。<br>「本」「人」「経験」。
    成功に大切なことは、たった3つ。
    「本」「人」「経験」。
  7. 計画を立てると、要領がよくなる。
    計画を立てると、要領がよくなる。
  8. スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
    スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
  9. メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
    メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
  10. やりながら、次のことを考える。<br>せっかく出たスピードを落とさない。
    やりながら、次のことを考える。
    せっかく出たスピードを落とさない。
  11. 解決するから行動するのではない。<br>行動するから解決する。
    解決するから行動するのではない。
    行動するから解決する。
  12. お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
    お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
  13. クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。<br>プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
    クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。
    プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
  14. 頭と体の両方で行動する。<br>頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
    頭と体の両方で行動する。
    頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
  15. 仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。<br>仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
    仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。
    仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
  16. 人を助けることで、自分が助かる。
    人を助けることで、自分が助かる。
  17. 迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。<br>さっと決めれば、すぐ行動できる。
    迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。
    さっと決めれば、すぐ行動できる。
  18. プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
    プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
  19. 「学生の仕事は、勉強だ」
    「学生の仕事は、勉強だ」
  20. 家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
    家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
  21. 人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
    人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
  22. 毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
    毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
  23. 失敗は避けるためにあるのではない。<br>失敗は体当たりするためにある。
    失敗は避けるためにあるのではない。
    失敗は体当たりするためにある。
  24. 感謝とお礼は、できるだけ早くする。
    感謝とお礼は、できるだけ早くする。
  25. 仕事をしている感覚さえなくそう。<br>習慣にしてしまえばいい。
    仕事をしている感覚さえなくそう。
    習慣にしてしまえばいい。
  26. 異物こそ、成長に必要。<br>むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
    異物こそ、成長に必要。
    むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
  27. 仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
    仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
  28. 仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
    仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
  29. 疲れたら、しっかり休む。
    疲れたら、しっかり休む。
  30. いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。
    いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION