執筆者:水口貴博

仕事ができる人になる
30の方法

23
14

失敗は避けるためにあるのではない。
失敗は体当たりするためにある。

失敗は避けるためにあるのではない。失敗は体当たりするためにある。 | 仕事ができる人になる30の方法

できるようになるために、一度で全部を決める必要はありません。

何度も繰り返すことで体に覚えさせます。

チャレンジ習慣を続けることで、失敗をしながら学んでいくのが賢い方法です。

天才と言われる人は、量が圧倒しています。

とにかく量をこなさなければ、始まらないのです。

発明王エジソンも、発明の量で名をあげました。

発明は1発勝負ではありません。

エジソンは、すごい数の失敗を繰り返しています。

エジソンの伝記を読んでみると、失敗の量の多さに圧倒されます。

数多くの失敗をしているうちに、気づけば成功している感じです。

成功は、たくさんの失敗の上に小さくあるだけです。

成功が1とすれば、失敗が100や1,000や10,000のときもあります。

しかし、本人は失敗を失敗だとは感じていません。

むしろ失敗も成功だと感じています。

エジソンは「失敗しても大きな収穫だ。ダメだということがわかったからだ」と言い切っています。

量をこなしていけば、あるときから質へと転化します。

質へと転化して、それでもなお続けることで必ず才能へとつながっていきます。

私もこれは肝に銘じて、毎日量をこなしています。

このように作品の量をこなしています。

すべてがよい作品ではありません。

うまいときもあれば、下手なときもあります。

そうこうしているうちにうまく書くコツがつかめてきます。

文章の構成もだんだん慣れてきます。

どのような具体例を出すとわかりやすいかを、量をこなしているおかげでわかってくるのです。

量を経験して、初めて見えてくることがあるのです。

そのようにして、ゆっくり上達していくのです。

失敗を怖がると、何もできなくなります。

失敗をしに行くと思えば、どんどん行動していけます。

失敗の量をこなした人が、最後には強くなります。

強いから量をこなせるのではなく、量をこなしたから強くなることができるのです。

仕事ができる人になる方法(23)
  • 失敗の量を、山ほどこなす。
感謝とお礼は、できるだけ早くする。

仕事ができる人になる30の方法
仕事ができる人になる30の方法

  1. 仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
    仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
  2. 仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
    仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
  3. 考えるより、やってしまう人間が成功する。
    考えるより、やってしまう人間が成功する。
  4. やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
    やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
  5. 気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
    気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
  6. 成功に大切なことは、たった3つ。<br>「本」「人」「経験」。
    成功に大切なことは、たった3つ。
    「本」「人」「経験」。
  7. 計画を立てると、要領がよくなる。
    計画を立てると、要領がよくなる。
  8. スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
    スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
  9. メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
    メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
  10. やりながら、次のことを考える。<br>せっかく出たスピードを落とさない。
    やりながら、次のことを考える。
    せっかく出たスピードを落とさない。
  11. 解決するから行動するのではない。<br>行動するから解決する。
    解決するから行動するのではない。
    行動するから解決する。
  12. お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
    お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
  13. クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。<br>プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
    クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。
    プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
  14. 頭と体の両方で行動する。<br>頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
    頭と体の両方で行動する。
    頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
  15. 仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。<br>仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
    仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。
    仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
  16. 人を助けることで、自分が助かる。
    人を助けることで、自分が助かる。
  17. 迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。<br>さっと決めれば、すぐ行動できる。
    迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。
    さっと決めれば、すぐ行動できる。
  18. プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
    プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
  19. 「学生の仕事は、勉強だ」
    「学生の仕事は、勉強だ」
  20. 家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
    家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
  21. 人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
    人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
  22. 毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
    毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
  23. 失敗は避けるためにあるのではない。<br>失敗は体当たりするためにある。
    失敗は避けるためにあるのではない。
    失敗は体当たりするためにある。
  24. 感謝とお礼は、できるだけ早くする。
    感謝とお礼は、できるだけ早くする。
  25. 仕事をしている感覚さえなくそう。<br>習慣にしてしまえばいい。
    仕事をしている感覚さえなくそう。
    習慣にしてしまえばいい。
  26. 異物こそ、成長に必要。<br>むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
    異物こそ、成長に必要。
    むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
  27. 仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
    仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
  28. 仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
    仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
  29. 疲れたら、しっかり休む。
    疲れたら、しっかり休む。
  30. いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。
    いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION