執筆者:水口貴博

仕事ができる人になる
30の方法

22
20

毎日の生活リズムがきれいな人は、
当たり前ができている。

毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。 | 仕事ができる人になる30の方法

できる人は、リズムを大切にします。

リズムが崩れると、できることもできなくなります。

リズムをつけるから、気分転換もうまくいきます。

波を大切にするということです。

いったん波に乗ると、後は力を少し加えるだけでどんどん前に進みます。

たとえば、朝昼晩のリズムが崩れると、仕事の調子が狂います。

太陽が出ているときに寝てしまったら、寝つきが悪く、寝起きも悪くなります。

もし朝食を抜いてしまうと、脳のエネルギーであるブドウ糖が不足して頭が十分に働いてくれません。

朝食をしっかり取ることで、しっかり午前中の仕事ができます。

エンジンはガソリンが足りないと、動いてくれません。

朝食を取れば、脳にエネルギーがしっかり行き届き、頭の回転によい影響を与えます。

また昼食の後に頭を使う仕事をしようとしても、これは難しいことです。

食べた直後は、体の神経が胃に集中するために、頭はぼうっとします。

頭が働きにくい時間に、頭を使おうとしても、すでに胃が活動しているのです。

本当は昼食の後に軽く昼寝ができれば、理想的です。

昼食を取るタイミングを、お昼の12時から15時にずらして食べてしまっては、今度は夕食を取るタイミングがずれます。

朝昼晩の一定のリズムをしっかりすれば、毎日のリズムもしっかり整います。

週末にはしっかり休養を取ることで、たまった疲れを吐き出せ、1週間のリズムも整います。

無理はしないということです。

「無理をする」というのは、言い換えれば「リズムを崩す」ということです。

そのときはそれでもいいかもしれません。

しかし、後になり、ずれてしまった分の波は必ずやってきます。

どれほどリズムがきれいであるかは、本人がどれほど当たり前のことをしているかです。

きれいなリズムは、特別なことをしなくてもいいのです。

難しいことをする必要はありません。

当たり前のことを、徹底するだけでいいのです。

私は留学時代に、何人かのモデルの人と出会う機会がありました。

そのうちの1人と、仲良くなったことがあります。

その子は、スタイルがいい子でした。

ただ太っていないだけではなく、痩せてもいないのです。

モデルというのは、痩せすぎても困るらしいとのことです。

太りすぎず、痩せすぎず、これがモデルなのです。

その子と仲良くなって、一緒に遊びに出かけたり食事にいったりします。

一緒に食事をしても、食べる量も多すぎず少なすぎずと、普通です。

余った分は、テイクアウトして持ち帰ります。

「夕方に食べる」と言って、夕方になったらまた食べていました。

深夜に入る前には「もう寝るから」と言って、寝ます。

私はモデルの子は、小食で、食事に気を使う毎日なのかと思っていました。

しかし、その子は、本当に特別なことはしていません。

何かほかに秘密でもあるのかと思い「何か特別なことをしているの」と聞いてみました。

すると、意外にも「変わったことは何もしていないよ」と言われてしまいました。

出かけるときもすべてを車に頼らず、歩くときには歩きます。

結構距離があるときでも「大丈夫」と平気な顔をして歩きます。

そんなとき、気づきました。

その子は、当たり前のことを当たり前にしているだけです。

毎日の当たり前のリズムが、ほかの人よりいいのです。

きれいなリズムを描いています。

本人は「特に何もしていない」という感覚なのです。

「当たり前のことを当たり前にするだけでいいのか」と、当たり前の大切さをあらためて痛感しました。

体のバランスが崩れている人は、朝食を抜いている人に多く見られます。

そうでなくても、毎日の生活バランスを崩している人が多いはずです。

歩くのが、おっくうな人なのかもしれません。

当たり前のことを当たり前にしていないから、思うようにバランスを保てないのです。

単に、当たり前のことを当たり前にするだけでいいのです。

毎日の自分のリズムをきれいにするには、当たり前のことを徹底するだけでいいのです。

仕事ができる人になる方法(22)
  • 当たり前の生活リズムを大切にする。
失敗は避けるためにあるのではない。
失敗は体当たりするためにある。

仕事ができる人になる30の方法
仕事ができる人になる30の方法

  1. 仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
    仕事ができる人は、自分を口説ける人だ。
  2. 仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
    仕事ができる人とできない人の違いは「意識」だ。
  3. 考えるより、やってしまう人間が成功する。
    考えるより、やってしまう人間が成功する。
  4. やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
    やりたいことを大切にする人は、時間を大切にする人だ。
  5. 気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
    気合のある人ほど手に力が入り、字にも迫力が出てくる。
  6. 成功に大切なことは、たった3つ。<br>「本」「人」「経験」。
    成功に大切なことは、たった3つ。
    「本」「人」「経験」。
  7. 計画を立てると、要領がよくなる。
    計画を立てると、要領がよくなる。
  8. スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
    スピードを出すほど、失敗を感じなくなる。
  9. メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
    メリットよりデメリットに注意を向けることで、より良い判断ができるようになる。
  10. やりながら、次のことを考える。<br>せっかく出たスピードを落とさない。
    やりながら、次のことを考える。
    せっかく出たスピードを落とさない。
  11. 解決するから行動するのではない。<br>行動するから解決する。
    解決するから行動するのではない。
    行動するから解決する。
  12. お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
    お金をもらって仕事をするかぎり、プロ意識は必須。
  13. クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。<br>プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
    クオリティーの高い仕事ができるから、プロ意識を持つのではない。
    プロ意識を持つから、クオリティーの高い仕事ができる。
  14. 頭と体の両方で行動する。<br>頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
    頭と体の両方で行動する。
    頭で間接的な行動、体で直接的な行動。
  15. 仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。<br>仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
    仕事ができない人は、ぎりぎりで出社する。
    仕事ができる人は、余裕を持って出社する。
  16. 人を助けることで、自分が助かる。
    人を助けることで、自分が助かる。
  17. 迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。<br>さっと決めれば、すぐ行動できる。
    迷っていると、時間がどんどん過ぎていく。
    さっと決めれば、すぐ行動できる。
  18. プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
    プロ意識が同じ人同士は、人生経験が酷似し、話が合う。
  19. 「学生の仕事は、勉強だ」
    「学生の仕事は、勉強だ」
  20. 家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
    家族を大切にすることは、自分を大切にすること。
  21. 人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
    人望があるからにっこりしているのではなく、にっこりしているから人望を集められる。
  22. 毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
    毎日の生活リズムがきれいな人は、当たり前ができている。
  23. 失敗は避けるためにあるのではない。<br>失敗は体当たりするためにある。
    失敗は避けるためにあるのではない。
    失敗は体当たりするためにある。
  24. 感謝とお礼は、できるだけ早くする。
    感謝とお礼は、できるだけ早くする。
  25. 仕事をしている感覚さえなくそう。<br>習慣にしてしまえばいい。
    仕事をしている感覚さえなくそう。
    習慣にしてしまえばいい。
  26. 異物こそ、成長に必要。<br>むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
    異物こそ、成長に必要。
    むかつくのではなく、飲み込んでしまおう。
  27. 仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
    仕事ができる人は、アドバイスをたった一言に圧縮できる。
  28. 仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
    仕事ができる人は、名前をしっかり覚えることができる。
  29. 疲れたら、しっかり休む。
    疲れたら、しっかり休む。
  30. いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。
    いろいろな主義を持っている人が、臨機応変にこなせる人。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION