人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
仕事効率化
仕事のタイミングによって、印象・難易度・進み具合に違いが出る。
仕事効率化
仕事は、内容を覚えるより、流れを理解する。
仕事効率化
計画は慎重に。
行動は大胆に。
仕事効率化
「締め切り」に、プロとアマチュアの違いが表れる。
仕事効率化
刺激がなくなれば、自分から求めに行けばいい。
仕事効率化
人が嫌がる仕事は「自分のレベルを上げる挑戦」と考えればいい。

ほかのをつける
30仕事術

お気に入り7 読んだ
6

仕事えられるものではない
りにくものだ

仕事は与えられるものではない。取りに行くものだ。 | ほかの人と差をつける30の仕事術

と差がつくのは、仕事の方法・効率・スピードはもちろんですが、見落としがちな点がもう1つあります。

姿勢です。

仕事における姿勢とは、大きく分けて2つあります。

  • 仕事は与えられるまで待つ姿勢
  • 仕事を自分から取りに行く姿勢

つまり、積極的か、消極的かの違いです。

消極的な姿勢の人は、仕事の指示があるまで動きません。

やる仕事がなければ、仕事をサボり始めます。

 

しかし、積極的な姿勢を持つ人は、仕事がなくなれば仕事を取りに行きます。

少しでも自分を向上させたい、磨きたい気持ちがあります。

自分磨きは、仕事を通してするのが一番です。

仕事という石にぶつかって、自分を磨けばいい。

たくさん仕事をすれば、考える機会、人とコミュニケーションする機会が増えます。

考える機会が増えれば、発言が正確に力強くなり、自信につながります。

人とコミュニケーションの機会が増えれば、人との関係がよくなります。

ほかの人と差がつきます。

人との関係が、ほかの人よりちょっといいだけで、仕事では差が生まれます。

仕事がなくなれば、仕事を取りに行く姿勢を持ちましょう。

一番の自己啓発は、仕事を取りに行くことなのです。

ほかの人と差をつける仕事術 その6

  • 仕事がなくなれば、
    積極的仕事りに
お金やプレゼントは、与えた分だけ減る。
気配りや励ましは、いくら与えても減ることはない。

もくじ
(ほかの人と差をつける30の仕事術)

同じカテゴリーの作品