人生の教科書



生き方
おしゃべりばかりをやめること。
人生論
「習慣」
情報力

情報を見極める力がつく
30の方法

お気に入り25 読んだ
17

褒められたい気持ちを捨てれば、
大切なことが見えてくる。

褒められたい気持ちを捨てれば、大切なことが見えてくる。 | 情報を見極める力がつく30の方法

褒められたいために行動すると、良いこともありますが、悪いこともあります。

良いことといえば「人から認められやすい」ということです。

特に、空虚感がある人は、褒められると嬉しくなります。

悪いことといえば「偽りである」ということです。

褒められたいために行動する自分は、自分に嘘をついているということです。

人から褒められるようなことは、人として模範的な行動をしているので「素晴らしい、偉い、すごい」と称賛されます。

自分の特技を生かして、人助けや社会貢献を果たし「素晴らしい、偉い、すごい」と称賛されるなら、まだ分かります。

 

しかし、問題なのは「褒められたいために行動している人」です。

褒められるためにしている行動は、本当の自分ではありません。

残念ながら、褒められたいという、やましい気持ちが裏にあるので、本心ではありません。

本心で行動しているわけではないのに、人から褒められる矛盾があります。

ここの違和感に気づくことです。

自分の心に嘘をつき、褒められたいためにした行動で褒められても、本当の自分ではありませんから「偽り」です。

「人の為」と書いて「偽」と書きます。

それは褒められたいために行動するのは、偽りの人生を歩んでいますよ、ということです。

褒められたいから行動していませんか。

もしそうなら、今すぐやめましょう。

褒められたい気持ちを捨てれば、大切なことが見えてきます。

自分の特技を生かして、人助けや社会貢献を果たし、その結果、褒められます。

本当に大きなことを達成する偉人は、人から褒められるために行動しているわけではありません。

自分の役目、役割を生かしきった結果、人の役に立っているのです。

発明王エジソンは、褒められるために白熱電球を発明したのではありません。

物作りが大好きという自分の天命を生かし、手腕を発揮した結果、白熱電球を発明し、人から褒められるようになったのです。

まとめ

情報を見極める力がつく方法 その17
  • 褒められるために行動するのは、
    やめる。
人付き合いも、過剰になれば、浪費になる。

もくじ
(情報を見極める力がつく30の方法)

同じカテゴリーの作品