読み上げ動画・音声
プラス思考
たまには怠けておかないと、人間らしくなくなる。
生き方
目は、あらゆる生き物と会話ができる、共通言語だ。
ビジネスマナー
スーツは、物としてではなく、生き物と考える。
自分磨き
「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。
プラス思考
悩んでいるときが、成長しているとき。
出会い
男性は、上目遣いの女性に弱い。

情報見極めるがつく
30方法

お気に入り1 読んだ
その12

人間
「限定」である

人間は「限定」に弱い生き物である。 | 情報を見極める力がつく30の方法

売上手な人は、消費者を興奮させる技術を使い、合法な手段で判断を誤らせます。

次のような広告を、あなたも見聞きしたことがあるでしょう。

  • 「期間限定」

  • 「先着10名様限り」

  • 「サービスタイム(18:00~18:15だけ! )」

どれも「限定」です。

制限時間があると、人間は興奮して焦ってしまい、冷静さを忘れます。

人間は、限定に弱い生き物です。

しかし「人間は限定に弱い生き物だ」という事実を頭に叩き込んでおくことは大切です。

そういう生き物なんだと知っておけば、限定手法を使った広告を目にしたとき、いくぶん冷静になれます。

  • 「また限定で商売している。人間は限定に弱いから注意しないと」

そう思うだけでも、違います。

落ち着いた状態で、静かに考えることが大切です。

冷静になれば、一時的な興奮に踊らされた誤った判断もすることがなくなります。

冷静さこそ、判断をするために大切な姿勢です。

自分が今、冷静さを忘れているなと思えば、時間を空けて考えればいいのです。

そもそも人間は限定に弱い生き物という前提で考え、それでも欲しいかどうかを、自分に問うのです。

冷静でも、それでも本当に欲しいと思うものだけを買うようにしましょう。

「冷静さ」は、多くの情報から、大切な情報を見つけるためのキーワードなのです。

情報を見極める力がつく方法 その12

  • 人間限定という前提で、
    うかどうか、
    える

次の記事

「欲しい」と思ったら、3日間、時間を空けて考える。

もくじ
(情報を見極める力がつく30の方法)

同じカテゴリーの作品