人生論

宿命を生かす
30の意味

読んだ お気に入り9
14

なぜ人として生まれたのかは、
誰にも分からない。

なぜ人として生まれたのかは、誰にも分からない。 | 宿命を生かす30の意味

犬が、なぜ犬として生まれたかは、誰にも分かりません。

犬より、大脳が発達し、科学技術も進歩している人間にすら分かりません。

当然、犬ですら、なぜ自分が犬なのか、犬として生まれてきたのかは分かりません。

ただ分かることは、犬として生まれた瞬間から、犬として生きることが決定されているということです。

変えようがないということです。

タンポポのタネは、なぜタンポポとして生まれたかは、誰にも分かりません。

タンポポにはない、脳を持っている人間にとっても、分かりません。

当然、タンポポですら、なぜ自分がタンポポなのか、タンポポとして生まれてきたのかは分かりません。

ただ分かることは、タンポポとして生まれた瞬間から、タンポポとして生きることが決定されていることです。

「その宿命に従うしか道はない」ということです。

人間も同じです。

なぜ人間として生まれたのかは誰にも分かりません。

人間ですら、なぜ自分が人間なのか、人間として生まれてきたのかは分かりません。

ただ分かることは、人間として生まれた瞬間から、人間として生きることが決定されていると言うことです。

生まれたときからあらかじめ決められている人種、家族構成、自分の性別、顔形など、なぜそうなのかは分かりません。

ただ犬が犬として生まれた宿命に従い、タンポポがタンポポとして生まれてきた宿命に素直に従って生きています。

人間も人間として生まれてきた宿命に素直に従うことが大切です。

自分の生まれ持っている宿命に誇りを持ち、自信を持って生きることが、天命を全うするということなのです。

まとめ

宿命を生かす意味 その14
  • 自分の宿命に従い、誇りを持って生きる。
宿命は、あなたの生き方を教える道しるべ。

もくじ
宿命を生かす30の意味
なぜ人として生まれたのかは、誰にも分からない。 | 宿命を生かす30の意味

  1. 宿命は変えられない。
  2. 宿命は、あなたの原点。
  3. 宿命を受け入れて、自分の持ち味にしよう。
  4. どうしても好きになれない宿命は、反面教師として受け入れる。
  5. 身の回りの現実から、大切な学びを見つける。
  6. そもそもの性格は、受け止め方しだいで変わる。
  7. 変えられないということは、安定しているということ。
  8. 宿命ほど、節約できることはない。
  9. 花の咲かないタネはないように、才能のない人間もいない。
  10. 自分の性格は、恵まれた才能の1つである。
  11. 「変えよう」という発想から「ありのままを生かそう」という発想へ。
  12. アンバランスこそ、自然の形。
  13. 宿命は、奪われることのない財産である。
  14. なぜ人として生まれたのかは、誰にも分からない。
  15. 宿命は、あなたの生き方を教える道しるべ。
  16. 傷のついている宿命ほど、輝いている。
  17. 傷のない宿命は、傷をつけるために行動しよう。
  18. 不自由さを持っている人ほど、幸せに気づくセンサーが敏感になっている。
  19. 自分を褒めると、両親を褒めたことになる。
    両親を褒めるためには、自分を褒めよう。
  20. 「できないこと」は、世の中にはあり得ない。
  21. DNAの遺伝による宿命がある。
  22. 「どれだけ長く生きたか」ではなく「どれだけ濃く生きたか」が大切。
  23. 神様はあなたに「中途半端さ」という宿題を与えた。
  24. 愛を勉強するために、私たちは中途半端として生まれてきた。
  25. 本当の手本とは、親子関係がうまくいっている人のことをいう。
  26. 傾いている振り子ほど、パワーが生まれる。
  27. 電車の乗り間違いをしていませんか。
  28. 余裕がなくなったときには、ひとまず足を止めてみよう。
  29. 思いもよらない成り行きを、大切にしよう。
  30. 「なぜ死ぬのか」という質問はナンセンス。
    借りたものは返すのが当たり前。

同じカテゴリーの作品