人生の教科書



読み上げ動画・音声

知的をする
30方法

お気に入り11 読んだ
2

語尾ばすと、
品位がる

尾を伸ばす話し方は、印象の悪くなる話し方です。

軽い人だと思われる話し方です。

ばかな人に共通する話し方です。

あなたの話し方を1つチェックしましょう。

「語尾が伸びていないか」を、徹底的にチェックです。

  • 「分かんないんだけどー」

  • 「そうなんだー」

  • 「冗談だよねー」

  • 「はあー?」

語尾を伸ばして話をすると、それだけで頭が悪そうに感じます。

だらだらした軽い印象になります。

 

では、語尾を短くするとどうでしょうか。

短くするだけで、知的な印象が上がります。

先ほどの言葉の語尾を短く切ってみましょう。

  • 「分からないのですが」

  • 「そうなんですか」

  • 「本当ですか」

  • 「はい?」

どうでしょうか。

言葉は同じでも、語尾が伸びているか否かで、これほど受ける印象が大きく変わってしまいます。

不思議なことですが、話し方だけで印象はいかようにも変えることができるのです。

どうせ話をするなら、語尾を短くして、知的な印象を持ってもらうほうが得です。

いくらきれいな日本語を使っていても、語尾が伸びれば台無しです。

きれいな日本語を身につける以前に、語尾を短くするほうが重要な課題です。

きちんとした話し方は、あなたにとってプラスになります。

学生は、みんなが使っているからという理由から、自分もはやりに乗って使おうとします。

  • 「はやりの言葉だから。みんなが使っているから。こんな言葉を使うとかっこいいから」

自分で自分の印象を悪くしているのです。

軽い人に思われているのではなく、軽い人に思ってもらうようなことをしている。

軽い人に思われたら、もっと言葉が軽くなり、さらに人間関係も軽くなります。

付き合っている関係も軽くなり、友達関係も軽くなり、自分の印象も軽くなってしまうのです。

知的な話し方をする方法 その2

  • きれいな日本語につけるに、
    語尾ばすをやめる
「しかし」「でも」「だけど」は、反感を抱かれる話し方。

もくじ
(知的な話し方をする30の方法)

同じカテゴリーの作品