才能

才能を磨く
30の方法

お気に入り11 読んだ
30

才能の最終体系は、
人の役に立てること。

才能の最終体系は、人の役に立てること。 | 才能を磨く30の方法

才能には、多種多様なジャンルがあります。

絵画・野球・音楽・作家・学問など、ジャンルそのものは幅広く多種多様で、共通点はありません。

 

しかし、どの才能をとってもそうなのですが、磨きに磨き上げたとき、いずれ人の役に立つようになります。

不思議な現象と思われることでしょう。

好きで楽しんでしていることが、経験・知識・実力として蓄積され、人のために役立つほどの力を持つようになることです。

これは好きであるゆえに続けられる「努力」と、またそれに伴って蓄積された「経験、知識、実力」があってのことです。

本当に心から好きでしていることは、お遊びごとでは終わらせたくない気持ちが強くなり、本格的に楽しみ遊ぶようになるのです。

のめり込み、没頭し、夢中になり、気づけば力をつけていたということです。

本人は楽しんでいても、実際に「経験、知識、実力」といった力として蓄積されていることには変わりありません。

いかに早くはじめ、蓄積できるかが、どれだけ大きな力を持てるかにつながり、人のために活用できるようになるかも決まるのです。

才能が、人の役に立つまでには次の3段階のフェーズがあります。

1段階目自分の才能を見つけ、気づくこと。

2段階目才能を磨き、開花させること。

3段階目花開いた才能を使って、今度は人のために生かすこと。

この3段階は、世の中にインパクトを与えてきた人がみな歩んできている道のりです。

ヘレンケラー、エジソン、アインシュタイン、野口英世、豊臣秀吉、ベートーベン、モーツァルト。

といった偉人たちは、みな幼いころに自分の才能(使命、役割)を見つけ、その才能一筋に自分の一生を捧げた人たちなのです。

初めからどんと大きな力を持っていたわけではなく、少しずつの蓄積が最終的に大きな花へと変わっています。

それが最終的に、人の役に立ち、世の中や人類に大きなインパクトを与える力になっているのです。

まとめ

才能を磨く方法 その30
  • 才能を磨いたら、今度は人のために役立ててみる。
まとめ

もくじ
才能を磨く30の方法
才能の最終体系は、人の役に立てること。 | 才能を磨く30の方法

  1. 恵まれた環境は、才能を開かせる土台である。
  2. 環境は、自分で選択し、作り出していくことができる。
  3. 一番お金をかけるべきは、環境という基盤。
  4. 孤独も、大切な環境。
  5. 本ほど、自由度の高い先生はいない。
  6. アリでもない。
    キリギリスでもない。
    アリギリスになれた人が才能を発揮できる。
  7. 蓄積されたノウハウで、お金を回収できるようになる。
  8. 遊んでいることに否定的な親のもとでは、才能は発揮できない。
  9. 親の援助に頼らないと、勉強する大金は手に入れられない。
  10. お金の使い方がキーポイント。
    使い方しだいで、将来の姿が決まってしまう。
  11. 早い時期の失敗は、痛みが小さくて済む。
  12. 才能は、量の勝負でしかない。
  13. 自分らしくやることが、一番能力を発揮できる。
  14. 人目、体裁、見栄を考えると、本当の力を発揮できなくなる。
  15. 自分の才能に、3年くらい捨ててしまおう。
  16. 我慢とは、精神的苦痛のこと。
    何の蓄積にもならない。
  17. 素晴らしい手本となるような尊敬できる人物に出会う。
  18. 有名人の共通点は「一点豪華主義者」であるということ。
  19. 小さなリスクなら、迷わずやればいい。
  20. 夢を叶えるという欲求には、前提条件をクリアする必要がある。
  21. 本当の実力は、楽しんで身につけるもの。
  22. 小さく始めて、後から大きく。
  23. 夢を書いた紙を壁に貼る。
  24. できないことも、立派な結果の1つ。
  25. 諦めるから、夢が終わってしまう。
  26. 子供の成長は、親からどのような教育を受けるかに大きくかかっている。
  27. 氷山の一角を出すために、大量の無駄を経験する。
  28. 努力は才能ではない。
    好きなことをやっていれば、自然と身につく。
  29. お金のためにやっている人は、失敗する。
  30. 才能の最終体系は、人の役に立てること。

同じカテゴリーの作品