元気になる
30の習慣

19
23

「腰が低い」

「腰が低い」 | 元気になる30の習慣

元気といっても2とおりの元気があります。

  • 偉そうにしている元気
  • 腰の低い元気

この2つのうちのどちらの元気になるかで、好かれるか嫌われるかが大きくわかれます。

友人の多い元気な人には「腰の低さ」が必ずキーポイントになっています。

本当に偉くても偉そうにはせず、腰を低くします。

むしろ偉い人になるほど、腰を低くしようとします。

それは腰の高さ低さが、人にどれだけよい印象を与えるか、知っているからです。

偉い人が偉そうにするのは、特におかしなことでもありません。

偉いから、自分が偉そうに見せびらかしても特に大きなギャップはありません。

ただ、一緒に接していて気分がよいとは言えません。

自分の権力を振りかざした偉そうな言い方、態度、振る舞いは、元気といっても決して好かれる元気さではないのです。

一方で本当に好かれる人は、地位の高さと腰の低さのギャップで、好感を生み出せることを少なからず知っています。

「こんなに偉い人なのに、こんなに腰が低い!」という驚きをスパイスにして、相手によい印象を持ってもらいます。

横柄になって相手に不快感を与えることはあっても、謙虚になって相手に不快感を与えることはありません。

それが地位の高い人が謙虚なら、なおさら好かれることは間違いありません。

どんなに元気であり、偉くなったとしても常に腰を低くする習慣は、忘れてはいけないのです。

元気になる習慣(19)
  • 「腰を低く」する。
「脇役」

元気になる30の習慣
元気になる30の習慣

  1. 「スピード」
    「スピード」
  2. 「とりあえずやってみる」
    「とりあえずやってみる」
  3. 「まめ」
    「まめ」
  4. 「自分で自分を褒める」
    「自分で自分を褒める」
  5. 「振り返る」
    「振り返る」
  6. 「爽やか」
    「爽やか」
  7. 「すべてが自分に関係している」
    「すべてが自分に関係している」
  8. 「勢い」
    「勢い」
  9. 「昔の自分と比べる」
    「昔の自分と比べる」
  10. 「褒める」
    「褒める」
  11. 「天気に気分を左右されない」
    「天気に気分を左右されない」
  12. 「段取り」
    「段取り」
  13. 「昼寝」
    「昼寝」
  14. 「小さな成功を積み上げる」
    「小さな成功を積み上げる」
  15. 「良いことを先に考える」
    「良いことを先に考える」
  16. 「行動」
    「行動」
  17. 「風通しよく」
    「風通しよく」
  18. 「書いてみる」
    「書いてみる」
  19. 「腰が低い」
    「腰が低い」
  20. 「脇役」
    「脇役」
  21. 「吐き出す」
    「吐き出す」
  22. 「想定外は想定内」
    「想定外は想定内」
  23. 「失敗を教材にする」
    「失敗を教材にする」
  24. 「言葉遣い」
    「言葉遣い」
  25. 「歯磨き」
    「歯磨き」
  26. 「変化」
    「変化」
  27. 「自分を貫く」
    「自分を貫く」
  28. 「お返し」
    「お返し」
  29. 「背伸び」
    「背伸び」
  30. 「今」
    「今」

同じカテゴリーの作品

2:00

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION