食べることを楽しむ
30の方法

3
0

忙しくて外食できないときは、
生活の中に組み込めばいい。

忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込めばいい。 | 食べることを楽しむ30の方法

忙しくて外食する時間がない

忙しくて外食する時間がない人もいるでしょう。

外食をするにはまとまった時間が必要と思われます。

たしかに入店して食事を楽しみ、お会計を済ませるまでには、ある程度の時間がかかります。

しかし、忙しいからといって外食を諦めてはいけません。

「空いた時間に外食をしよう」と思うのがよくありません。

忙しくて外食する時間がないときは、生活の中に組み込んでしまえばいいのです。

生活の中に組み込めば生活習慣の1つになるため、無理なく外食ができるようになります。

たとえば、生活の中に外食を組み込む代表的な方法として、次の2つが有効です。

(方法1)
レストランで朝食セットをいただく

最もシンプルなのは「レストランで朝食セットをいただく」という方法です。

簡単な朝食セットであっても素晴らしい外食です。

大手のチェーンレストランでは朝食セットが提供されています。

朝食セットは基本的に飲み物もセットになっていて、価格も手頃です。

料理が出てくるまでの待ち時間に、ニュースやスケジュールをチェックすれば上手に時間をつぶせます。

お箸を使う朝食であれば片手が自由に使えるため、食事中の時間を有効に使いやすくなります。

ながら食いになるため好ましいとは言いがたいですが、忙しいときは許容範囲です。

和食・洋食・カフェなど、お店の種類によってモーニングメニューもさまざま。

朝食セットも、Aセット・Bセット・Cセットなど、数種類あるのが一般的です。

気分に応じてお店やメニューを変えれば、変化をつけることができて好都合でしょう。

タマゴや納豆を使った朝食であれば、栄養面でも申し分ありません。

(方法2)
昼食を取る時間帯をずらす

昼食を取る時間帯をずらす方法もおすすめです。

会社で許容されているなら、お昼12時に昼食を取るのではなく、時間を少し後ろにずらして13時や14時にします。

混み合う時間帯を避ければ、お客さんもすいているので快適に外食を楽しめるでしょう。

ランチセットも、モーニングセットと同様、基本的に飲み物もセットになっていて価格も手頃です。

もちろん忙しいからといって早食いをするのではなく、よく噛んでゆっくり食べるようにします。

昼食後の眠気が心配であれば、炭水化物を少なめにしたメニューを選びましょう。

注文の際に「ご飯少なめ」とお願いすれば普通に対応してくれるはずです。

低糖質のメニューを提供しているお店もあるので、興味のある人は一度チェックしておくといいでしょう。

生活パターンにすれば、意思の力に頼らなくても簡単に継続できる

忙しいからといって外食を諦めないでください。

忙しくて外食ができないなら、生活に組み込める工夫を考えましょう。

「何かいい方法はないだろうか」と頭をひねって知恵を出してください。

方法さえ見つかれば、意外と簡単に実現できてしまいます。

生活の中に組み込めば、パターンとして繰り返すだけでOKです。

生活パターンにすれば、意思の力に頼らなくても簡単に継続できます。

生活に組み込めば生活習慣になるため、無理なく簡単に続けられるのです。

食べることを楽しむ方法(3)
  • 忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込む。
食べたいものから食べよう。
後回しにしていると、ろくなことにならない。

食べることを楽しむ30の方法
食べることを楽しむ30の方法

  1. 食欲が湧いたから食べるのではない。<br>食べるから食欲が湧く。
    食欲が湧いたから食べるのではない。
    食べるから食欲が湧く。
  2. おいしいものを食べた人が幸せになるのではない。<br>おいしく味わった人が幸せになる。
    おいしいものを食べた人が幸せになるのではない。
    おいしく味わった人が幸せになる。
  3. 忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込めばいい。
    忙しくて外食できないときは、生活の中に組み込めばいい。
  4. 食べたいものから食べよう。<br>後回しにしていると、ろくなことにならない。
    食べたいものから食べよう。
    後回しにしていると、ろくなことにならない。
  5. なぜ「おいしそう」と思うだけで、おいしく感じやすくなるのか。
    なぜ「おいしそう」と思うだけで、おいしく感じやすくなるのか。
  6. 高級なものが贅沢な食事とは限らない。<br>贅沢は「値段」ではなく「満足感」で決まる。
    高級なものが贅沢な食事とは限らない。
    贅沢は「値段」ではなく「満足感」で決まる。
  7. 料理の写真を撮る人は多くても、食べている写真を撮る人は少ない。
    料理の写真を撮る人は多くても、食べている写真を撮る人は少ない。
  8. 食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
    食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
  9. たくさん食を楽しみたいなら、たくさん体を動かすこと。
    たくさん食を楽しみたいなら、たくさん体を動かすこと。
  10. 「ご飯少なめ」は恥ずかしいことなのか。
    「ご飯少なめ」は恥ずかしいことなのか。
  11. 小食にコンプレックスを持つ必要はない。
    小食にコンプレックスを持つ必要はない。
  12. 歯を大切にしてしすぎることはない。<br>おいしく食事を楽しめるのは、健康な歯があってこそ。
    歯を大切にしてしすぎることはない。
    おいしく食事を楽しめるのは、健康な歯があってこそ。
  13. 甘いものに興味がないふりをしないでください。
    甘いものに興味がないふりをしないでください。
  14. なぜたくさん食べても太らない人がいるのか。
    なぜたくさん食べても太らない人がいるのか。
  15. 「味音痴」と思ったら、濃い味付けをやめてみる。
    「味音痴」と思ったら、濃い味付けをやめてみる。
  16. お箸の正しい持ち方ができていますか。
    お箸の正しい持ち方ができていますか。
  17. 組み合わせの数だけ、食の楽しみもある。
    組み合わせの数だけ、食の楽しみもある。
  18. あなたは食のレポーター。<br>コメントしながら食べてみよう。
    あなたは食のレポーター。
    コメントしながら食べてみよう。
  19. 食事中のときくらい、カロリーのことは忘れてください。
    食事中のときくらい、カロリーのことは忘れてください。
  20. 食事を取らないことが、ミスを増やす原因。<br>きちんと食事を取るだけで、ミスが大幅に減る。
    食事を取らないことが、ミスを増やす原因。
    きちんと食事を取るだけで、ミスが大幅に減る。
  21. 食事中にため息をつくのは、マナー違反。
    食事中にため息をつくのは、マナー違反。
  22. 飲食店や高級レストランに詳しくないからといって、焦る必要はない。
    飲食店や高級レストランに詳しくないからといって、焦る必要はない。
  23. うっかりまずいものを口にしたとき、飲み込むか吐き出すか。<br>それが問題だ。
    うっかりまずいものを口にしたとき、飲み込むか吐き出すか。
    それが問題だ。
  24. 便秘になっていると、スムーズに食を楽しめない。
    便秘になっていると、スムーズに食を楽しめない。
  25. 食べることで、楽しめるようになる。
    食べることで、楽しめるようになる。
  26. 苦手な食べ物も、本気でおいしいと思い込んで食べてみよう。<br>奇跡が起こるかもしれない。
    苦手な食べ物も、本気でおいしいと思い込んで食べてみよう。
    奇跡が起こるかもしれない。
  27. デスクで食事を取る際、ちょっと華やかな雰囲気を演出する工夫とは。
    デスクで食事を取る際、ちょっと華やかな雰囲気を演出する工夫とは。
  28. 食後の余韻を長持ちさせるコツは「思い出すこと」にある。
    食後の余韻を長持ちさせるコツは「思い出すこと」にある。
  29. その食べ物は、あなたに食べてもらうのを待っている。<br>だからあなたは、それを食べる。
    その食べ物は、あなたに食べてもらうのを待っている。
    だからあなたは、それを食べる。
  30. 私たちは「空腹感との出会いと別れ」を繰り返している。
    私たちは「空腹感との出会いと別れ」を繰り返している。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION