食生活

食生活を豊かにする
30の方法

1
3

食事をいただくときは、
まず外観を楽しもう。

食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。 | 食生活を豊かにする30の方法

まず外観から楽しもう

 

いきなり食べ始めません。

いきなり食べ始めるのも悪くありませんが、少し性急です。

食事をいただくときは、まず外観を楽しみましょう。

食事全体を見てください。

麺類なら、麺の様子を見ます。

丼物なら、どんぶりの中の様子を見ます。

汁物なら、中の具材や汁気を見ます。

魚料理なら、白身や赤身、魚の種類などを見ます。

定食メニューなら、一品ごとに外観を楽しみましょう。

料理には、ユニークな外観があるはずです。

つやや光沢、ぷるぷるした質感、華やかな彩り。

色や形、盛り付けや飾り付けがあるでしょう。

出来たてで熱々なら、きちんと湯気にも目を向けたい。

さらに視野を広げて、器やグラス、そしてカトラリーにも注意を向けたい。

外観からいろんな印象を受けるでしょう。

食事を作ってくれた人がそばにいるなら、きちんと外観に注意を向けると喜んでもらえます。

 

食事を堪能する前に、外観を堪能する

 

外観に注意を向ければ「おいしそうな様子」があることに気づくでしょう。

「きれいな色」

「面白い形だね」

「盛り付けが美しい」

「飾り付けが凝っているね」

「出来たての湯気が立ち上がっている」

立派な器が使われているなら、きちんと器にも注意を向けましょう。

料理によっては、趣のある立派な器が使われていることがあります。

上品な質感だったり繊細なデザインが施されていたりすることが少なくありません。

「なかなか味わい深い器だね」

食事は、舌だけでなく、目でも味わいたい。

器にも目を向けると、楽しみと味わいの範囲が広がって、より豊かな気持ちになるでしょう。

食事を堪能する前に、外観を堪能です。

 

 

食事をする前、じらすような時間を作ってみる

 

食事をする前、ほんの少し外観を眺める時間を作ってください。

じらすような時間ですが、それがいいのです。

きちんと外観に注意を向けると、食欲をかき立てられます。

目で楽しんでいくうちに「おいしそう」という気持ちになり、どんどん食欲が湧いてくるでしょう。

 

食事を見ながら、どんな味なのか、少し想像してみましょう。

おいしい味が頭に浮かぶと、さらに食欲が高まるでしょう。

食欲を高めてから食べるほうが、食への集中力が高まって、よりおいしく味わえます。

 

外観を楽しむ時間があるとないとでは、同じ食事でも味わいが変わります。

食の一つ一つに注意を向けることは、一つ一つを楽しむことになります。

楽しむポイントが増えることで、食事に対する喜びや感謝も増していきます。

食の可能性を引き出され、食生活が豊かになっていくのです。

食生活を豊かにする方法(3)
  • 食事を食べるときは、まず外観を楽しむ。
食事をおいしくいただくためのおまじない。
手を合わせて笑顔で「いただきます」。

もくじ
食生活を豊かにする30の方法
食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。 | 食生活を豊かにする30の方法

  1. まず食べることに、幸せを感じる。
    まず食べることに、幸せを感じる。
  2. 食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
    食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
  3. 食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
    食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
  4. 食事をおいしくいただくためのおまじない。<br>手を合わせて笑顔で「いただきます」。
    食事をおいしくいただくためのおまじない。
    手を合わせて笑顔で「いただきます」。
  5. 「まずい」とは言わない。<br>「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
    「まずい」とは言わない。
    「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
  6. 食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
    食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
  7. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  8. 早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
    早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
  9. 不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。<br>文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
    不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。
    文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
  10. あなたの健康運は、食べるもので決まる。
    あなたの健康運は、食べるもので決まる。
  11. 1日3食にとらわれない。<br>1日2食以下でもいい。<br>1日4食以上でもいい。
    1日3食にとらわれない。
    1日2食以下でもいい。
    1日4食以上でもいい。
  12. いらいらしたら料理を作ろう。<br>ストレス発散の効果が抜群。
    いらいらしたら料理を作ろう。
    ストレス発散の効果が抜群。
  13. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  14. 風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
    風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
  15. あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
    あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
  16. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  17. 食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
    食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
  18. 食べたいものから食べよう。<br>後回しにしていると、ろくなことにならない。
    食べたいものから食べよう。
    後回しにしていると、ろくなことにならない。
  19. 昨日の食事すべてを思い出せますか。
    昨日の食事すべてを思い出せますか。
  20. 今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
    今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
  21. 食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
    食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
  22. 空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
    空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
  23. 料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
    料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
  24. 同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
    同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
  25. 「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
    「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
  26. 急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
    急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
  27. あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
    あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
  28. 寂しいときや落ち込んでいるときは、おいしいものを食べよう。
    寂しいときや落ち込んでいるときは、おいしいものを食べよう。
  29. 大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
    大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品