食生活

食生活を豊かにする
30の方法

2
18

食べたいものから食べよう。
後回しにしていると、
ろくなことにならない。

食べたいものから食べよう。後回しにしていると、ろくなことにならない。 | 食生活を豊かにする30の方法

嫌いなものから食べるのは学生時代まででいい

 

世の中には「おいしく食べる順番」というものが存在します。

たとえば、お寿司の場合です。

まず脂があまり乗っていない淡泊な白身から食べ、それから脂が乗った赤身のものに食べるのがよいとされています。

 

定食では、口の中を整えるため、お吸い物から先に口をつけるのがよいとされています。

お吸い物で口を整えた後、固形物を食べていくほうが、スムーズに食事を楽しめるとされています。

 

しかし、こうした順番は、あくまで参考や推奨であって、ルールではありません。

正式なマナーとして決まっているわけでもありません。

 

食べたいものを後回しにすると、ろくなことにならない

 

食べたいものから食べましょう。

堅苦しいルールは抜きです。

自分の食欲に正直になってください。

食べたいものを後回しにすると、ろくなことになりません。

 

温かいものは冷めてしまうでしょう。

冷たいものはぬるくなってしまうでしょう。

固いものが柔らかくなったり、柔らかいものが固くなったりするでしょう。

 

食べたいものから食べないと、満腹になって食べられなくなるかもしれません。

食べることができても、すでに食欲が満たされていると、おいしく味わえなくなることがあります。

テイクアウトができるとも限りません。

 

時間的な要因もあります。

食事中に緊急の仕事が入って、最後に食べつもりだった大好物が食べられなくなる可能性もあります。

あるいはゆっくり食べるつもりが、急いで食べることになることもあります。

社会人として忙しい毎日を送っていると、時折そういうことがあるものです。

 

子供のころ、親や先生から「嫌いなものから食べなさい」と言われて育ちました。

当時の名残で、大人になっても嫌いな食べ物から食べるのが癖になっている人もいるでしょう。

それはあくまで子供時代の話であり、大人になれば、無理に従う必要はありません。

「嫌いなものから食べなさい」と言われた名残はいったん忘れましょう。

 

 

食べたいものから食べていくのが、最も幸せな食べ方

 

人生では、いつ不測の事態が発生するかわかりません。

後回しにして損をすることはあっても、得をすることはありません。

おいしく食べる順番は、自分の食欲に任せて食べるのが一番です。

食べる順番は気にしません。

食べたいものから食べていきましょう。

それが最も幸せな食べ方です。

食生活を豊かにする方法(18)
  • 堅苦しい食べる順番は気にせず、食べたいものから食べる。
昨日の食事すべてを思い出せますか。

もくじ
食生活を豊かにする30の方法
食べたいものから食べよう。後回しにしていると、ろくなことにならない。 | 食生活を豊かにする30の方法

  1. まず食べることに、幸せを感じる。
    まず食べることに、幸せを感じる。
  2. 食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
    食事を味わう時間は、人生を味わう時間だ。
  3. 食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
    食事をいただくときは、まず外観を楽しもう。
  4. 食事をおいしくいただくためのおまじない。<br>手を合わせて笑顔で「いただきます」。
    食事をおいしくいただくためのおまじない。
    手を合わせて笑顔で「いただきます」。
  5. 「まずい」とは言わない。<br>「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
    「まずい」とは言わない。
    「変わった味」「口に合わない」と言い換える。
  6. 食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
    食事をしながら、携わった人たちの様子を思い浮かべよう。
  7. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  8. 早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
    早食いの癖があるかぎり、豊かな食生活は実現できない。
  9. 不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。<br>文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
    不作法な食べ方は、野生の猿と同じ。
    文化的な生き物なら、食事マナーを意識しよう。
  10. あなたの健康運は、食べるもので決まる。
    あなたの健康運は、食べるもので決まる。
  11. 1日3食にとらわれない。<br>1日2食以下でもいい。<br>1日4食以上でもいい。
    1日3食にとらわれない。
    1日2食以下でもいい。
    1日4食以上でもいい。
  12. いらいらしたら料理を作ろう。<br>ストレス発散の効果が抜群。
    いらいらしたら料理を作ろう。
    ストレス発散の効果が抜群。
  13. 食事はできるだけ食べきる。<br>ただし、無理に食べる必要はない。
    食事はできるだけ食べきる。
    ただし、無理に食べる必要はない。
  14. 風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
    風習の食べ物は、素直に食べておくほうが、食生活が豊かになる。
  15. あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
    あなたの食生活には「大好物ランキング」がありますか。
  16. 久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。<br>普通に食べられるかもしれない。<br>意外とおいしく感じるかもしれない。
    久しぶりに苦手な食べ物を食べてみよう。
    普通に食べられるかもしれない。
    意外とおいしく感じるかもしれない。
  17. 食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
    食事と活動のサイクルが美しい人は、人生もうまくいく。
  18. 食べたいものから食べよう。<br>後回しにしていると、ろくなことにならない。
    食べたいものから食べよう。
    後回しにしていると、ろくなことにならない。
  19. 昨日の食事すべてを思い出せますか。
    昨日の食事すべてを思い出せますか。
  20. 今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
    今は食べることができなくても、いつか食べられるようになる希望だけは持ち続ける。
  21. 食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
    食事の時間は、人生で最も幸せな瞬間の1つ。
  22. 空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
    空腹は、おいしさを高める最高の調味料。
  23. 料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
    料理を作る立場を経験すると、もっと料理が味わい深くなる。
  24. 同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
    同じものを食べ続けるより、いろいろなものを食べるほうが、豊かだ。
  25. 「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
    「おいしい」を口癖にすると、食生活が豊かになる。
  26. 急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
    急いでいるときでも、食事マナーをおろそかにしない。
  27. あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
    あなたの1週間を決めるのは、日曜日の朝食にある。
  28. 寂しいときや落ち込んでいるときは、おいしいものを食べよう。
    寂しいときや落ち込んでいるときは、おいしいものを食べよう。
  29. 大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
    大好物は、気が向いたときに食べるものではなく、定期的に食べるもの。
  30. 人生は有限。<br>食事回数も有限。
    人生は有限。
    食事回数も有限。

同じカテゴリーの作品