心の健康

人格を磨いて心をきれいにする
30の方法

10
16

父の日、
母の日、
敬老の日に、
プレゼントを贈ってはいけない。

父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけない。 | 人格を磨いて心をきれいにする30の方法

ほとんどすべての人が世の中にある風潮に流されています。

1年の中にある父の日、母の日、敬老の日といった国が決めた特別な日に贈り物をする習慣です。

それぞれの記念日は1年に一度しかなく、その日にだけ日頃の感謝を込めてプレゼントをします。

「テレビで父の日の宣伝をやっていたから」

「雑誌で母の日には花を贈ろうと書いていたから」

「友達が敬老の日にプレゼントをしているから、なんとなく自分も……」

「そういうことをしなければならない日だから」

こうした周りに流された状態でなんとなく、父の日、母の日、敬老の日に日頃の感謝と言い、プレゼントを贈ります。

 

しかし、ちょっと待ってください。

これは、おかしいことに気づきませんか。

本当に感謝をしていれば、父の日や母の日、敬老の日だけに限ってプレゼントはしません。

そういう日以外にもプレゼントをしますし、日頃からプレゼントをしています。

本当に親に対する感謝の気持ちがあれば、日にちなどまったく関係ないはずなのです。

こういう記念日にしかプレゼントを贈らないのは、世の中の風潮に流されているということです。

「感謝の気持ちを表現したい」というわけでなく「周りの雰囲気から、自分もしなければ」という感覚が動機になっているのです。

感謝の気持ちがあり日頃からもプレゼントしているけれど、父の日や母の日にもプレゼントをしたければかまいません。

問題なのは、そうした記念日に限ってだけプレゼントをする人です。

そういう人に限って、父の日、母の日、敬老の日が終われば、もう一切プレゼントをすることはないのです。

父の日、母の日、敬老の日にだけプレゼントを贈ってはいけません。

そんな日に限ってプレゼントをするのは「感謝の気持ちがあるから」ではなく「そういう日だから」という理由でしかないのです。

むしろ相手に失礼とも映ります。

父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけないのです。

記念日に贈るのではなく、その日以外に贈ることが本当の感謝を表すポイントです。

人格を磨いて心をきれいにする方法(16)
  • 父の日、母の日、敬老の日に限ってではなく、日頃からプレゼントを贈る。
汚いものばかり見ていると心まで汚くなる。
きれいなものを見ていると心もきれいになる。

もくじ
人格を磨いて心をきれいにする30の方法
父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけない。 | 人格を磨いて心をきれいにする30の方法

  1. 人生とは、心を磨くための一人旅。
    人生とは、心を磨くための一人旅。
  2. 天国のような人生を歩む人。<br>地獄のような人生を歩む人。
    天国のような人生を歩む人。
    地獄のような人生を歩む人。
  3. うまくいかない人生は、まず自分を振り返ってみることが大切。
    うまくいかない人生は、まず自分を振り返ってみることが大切。
  4. 見かけはきれいな人でも、心が汚い人もいる。
    見かけはきれいな人でも、心が汚い人もいる。
  5. 心がきれいになるポイントは、3つ。<br>態度、行動、発言。
    心がきれいになるポイントは、3つ。
    態度、行動、発言。
  6. 恥ずかしい経験によって、心の改善がなされる。
    恥ずかしい経験によって、心の改善がなされる。
  7. 当たり前の感謝に気づく人は、心がきれいな人。
    当たり前の感謝に気づく人は、心がきれいな人。
  8. 謝ることなしに、人とのやりとりはうまくやっていけない。
    謝ることなしに、人とのやりとりはうまくやっていけない。
  9. お返しを習慣にすると、感謝が目に見える形になる。
    お返しを習慣にすると、感謝が目に見える形になる。
  10. 人が喜んでくれるから手にしているのか。<br>自分が本当に好きだから手にしているのか。
    人が喜んでくれるから手にしているのか。
    自分が本当に好きだから手にしているのか。
  11. きれいな心は、きれいな姿勢に表れる。
    きれいな心は、きれいな姿勢に表れる。
  12. 意識は目に見えない。<br>書いてみないと、見えてこない。
    意識は目に見えない。
    書いてみないと、見えてこない。
  13. 心は磨かないと、輝いてこない。<br>つらい経験は、優しい気持ちへと変わる。
    心は磨かないと、輝いてこない。
    つらい経験は、優しい気持ちへと変わる。
  14. 身の回りの物がきれいな人は、心もきれいな人。
    身の回りの物がきれいな人は、心もきれいな人。
  15. プレゼントをするとは、物を通して気持ちを伝えるということ。
    プレゼントをするとは、物を通して気持ちを伝えるということ。
  16. 父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけない。
    父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけない。
  17. 汚いものばかり見ていると心まで汚くなる。<br>きれいなものを見ていると心もきれいになる。
    汚いものばかり見ていると心まで汚くなる。
    きれいなものを見ていると心もきれいになる。
  18. 相手を傷つけない発言にも、気を使おう。
    相手を傷つけない発言にも、気を使おう。
  19. 「すてきだね」と言うたびに、心がきれいになっていく。
    「すてきだね」と言うたびに、心がきれいになっていく。
  20. 自分を無理やり変えようとしても、すぐは変えられない。
    自分を無理やり変えようとしても、すぐは変えられない。
  21. 当たり前を大切にすればするほど、心がきれいになる。
    当たり前を大切にすればするほど、心がきれいになる。
  22. きれいなお姉さんは、心まできれいに見える。
    きれいなお姉さんは、心まできれいに見える。
  23. 「独り占め」をすると、楽しさが半減する。<br>「わかち合い」をすると、楽しさが倍増する。
    「独り占め」をすると、楽しさが半減する。
    「わかち合い」をすると、楽しさが倍増する。
  24. 許すことで軽くなる。<br>「まあ、いいか」と考えよう。
    許すことで軽くなる。
    「まあ、いいか」と考えよう。
  25. 「頼り、頼られる」というやりとりから、仲良くなるきっかけが生まれる。
    「頼り、頼られる」というやりとりから、仲良くなるきっかけが生まれる。
  26. 嘘をつくほど、心が汚くなる。<br>正直になるほど、心がきれいになる。
    嘘をつくほど、心が汚くなる。
    正直になるほど、心がきれいになる。
  27. 悩みを見つけたら、あなたはラッキー。
    悩みを見つけたら、あなたはラッキー。
  28. 挨拶は、知らない人にも進んですること。
    挨拶は、知らない人にも進んですること。
  29. 本当に自己中心的を極めると、周りについても考えるようになる。
    本当に自己中心的を極めると、周りについても考えるようになる。
  30. 自分の負けを認められる人は、心が柔らかくきれいな人。
    自分の負けを認められる人は、心が柔らかくきれいな人。

同じカテゴリーの作品