人生の教科書



心の健康

人格を磨いて心をきれいにする
30の方法

お気に入り61 読んだ
24

許すことで軽くなる。
「まあ、
いいか」と考えよう。

許すことで軽くなる。「まあ、いいか」と考えよう。 | 人格を磨いて心をきれいにする30の方法

どんどん許していきましょう。

出来事でもトラブルでも失敗でもどんどん許していくと、心が軽くなります。

性格が丸くなります。

自分の身に降りかかる災難を「許さないぞ」と意地を張るのではなく「まあ、いいか」と許しましょう。

許すことができないと、憎悪や憎しみが生まれ、心の中で増えていきます。

心の中が「憎悪」や「憎しみ」でいっぱいになるほど、性格は悪くなります。

性格の悪い人は、許せない人です。

許せないことが習慣になっている人は、自然と性格が悪くなってしまうので気をつけましょう。

許せない人は気に入らないことがあると、すぐいらいらします。

許せないからそのままにしておけず、自分がいらいらして、どこかにぶつけようとします。

「許さない。どうしてくれるんだ」と、ささいなことで、すぐ喧嘩になります。

わざわざ自分でトラブルを大きくしています。

トラブルを自分で大きくし、さらに不快な気持ちになり、いらいらも一緒に大きくしています。

そういう人は「周りが間違っている。俺が正しい」と、自分中心で世界が回っていると思っています。

「正しい、間違っている」を口に出し始めたら、性格が悪くなる前兆です。

自分の気に入らないことがあると、許せないのでいらいらします。

「あなたは間違っている」

「この考えは間違っている」

自分のいらいらを発散させるために、どこかにぶつけていきます。

人から嫌われ、結果として性格がどんどんと悪くなっていくという悪循環になります。

もし、この人がいらいらの途中で許すことができれば、性格はよくなります。

「こんなことがあったけど、まあいいか」

いらいらするであろうことを、無視します。

自分のエネルギーをつまらないところで消費しないようにするために「まあ、いいか」と許してしまう。

そうすると日常生活では驚くほど、いざこざが減ってしまいます。

自分から積極的に許していけば、心は軽くなり、トラブルも減っていきます。

まとめ

人格を磨いて心をきれいにする方法 その24
  • 気に入らないことがあっても「まあ、いいか」と許してしまう。
次のページ >>
「頼り、頼られる」というやりとりから、仲良くなるきっかけが生まれる。

もくじ
(人格を磨いて心をきれいにする30の方法)

同じカテゴリーの作品