心の健康

人格を磨いて心をきれいにする
30の方法

25
22

きれいなお姉さんは、
心まできれいに見える。

きれいなお姉さんは、心まできれいに見える。 | 人格を磨いて心をきれいにする30の方法

「きれい好きは、心もきれい」という法則があります。

決して潔癖症の人のことを指しているわけではありません。

毎日の整理整頓をしっかりし、きれいに片付けられている人ということです。

どういうことかというと、心がきれいな人は必ず物に対して感謝の気持ちがあります。

特に自分が毎日使っている、身の回り品にはこの上ない「ありがとう」という気持ちが必ずあります。

感謝の気持ちがあるため、丁寧に扱い、片付けもきれいにできているということです。

また身の回りの物がきれいに整えられていることもあり、他人に不快感を与えることもなくなります。

物を大切に扱っている様子は、その人の身の回りですぐ分かります。

髪がきれいに整えられている。

財布がよれよれにならずに、きれいになっている。

爪がきちんと短く切られている。

洋服にしわが寄っていない。

体臭がなく、清潔感がある。

こうしたきれいさというオーラを放っていると、不思議なことに周りに与える印象も変わってきます。

身の回りの物がきれいに扱われているために、優しい心の持ち主ということがオーラとして伝わり、好印象となるのです。

人間の心理として「きれいなお姉さん」は、きれいな心の持ち主に見えてしまうのは、こうした理由があるからです。

まとめ

人格を磨いて心をきれいにする方法 その22
  • 「きれいな人」になり、よい印象を持ってもらう。
「独り占め」をすると、楽しさが半減する。
「分かち合い」をすると、楽しさが倍増する。

もくじ
人格を磨いて心をきれいにする30の方法
きれいなお姉さんは、心まできれいに見える。 | 人格を磨いて心をきれいにする30の方法

  1. 人生とは、心を磨くための一人旅。
  2. 天国のような人生を歩む人。
    地獄のような人生を歩む人。
  3. うまくいかない人生は、まず自分を振り返ってみることが大切。
  4. 見かけはきれいな人でも、心が汚い人もいる。
  5. 心がきれいになるポイントは、3つ。
    態度、行動、発言。
  6. 恥ずかしい経験によって、心の改善がなされる。
  7. 当たり前の感謝に気づく人は、心がきれいな人。
  8. 謝ることなしに、人とのやりとりはうまくやっていけない。
  9. お返しを習慣にすると、感謝が目に見える形になる。
  10. 人が喜んでくれるから手にしているのか。
    自分が本当に好きだから手にしているのか。
  11. きれいな心は、きれいな姿勢に表れる。
  12. 意識は目に見えない。
    書いてみないと、見えてこない。
  13. 心は磨かないと、輝いてこない。
    つらい経験は、優しい気持ちへと変わる。
  14. 身の回りの物がきれいな人は、心もきれいな人。
  15. プレゼントをするとは、物を通して気持ちを伝えるということ。
  16. 父の日、母の日、敬老の日に、プレゼントを贈ってはいけない。
  17. 汚いものばかり見ていると心まで汚くなる。
    きれいなものを見ていると心もきれいになる。
  18. 相手を傷つけない発言にも、気を使おう。
  19. 「すてきだね」と言うたびに、心がきれいになっていく。
  20. 自分を無理やり変えようとしても、すぐは変えられない。
  21. 当たり前を大切にすればするほど、心がきれいになる。
  22. きれいなお姉さんは、心まできれいに見える。
  23. 「独り占め」をすると、楽しさが半減する。
    「分かち合い」をすると、楽しさが倍増する。
  24. 許すことで軽くなる。
    「まあ、いいか」と考えよう。
  25. 「頼り、頼られる」というやりとりから、仲良くなるきっかけが生まれる。
  26. 嘘をつくほど、心が汚くなる。
    正直になるほど、心がきれいになる。
  27. 悩みを見つけたら、あなたはラッキー。
  28. 挨拶は、知らない人にも進んですること。
  29. 本当に自己中心的を極めると、周りについても考えるようになる。
  30. 自分の負けを認められる人は、心が柔らかくきれいな人。

同じカテゴリーの作品