仕事効率化

仕事を効率化させる
30の方法

  • 仕事をもっと楽しくするための、
    2つのイメージ。
仕事を効率化させる30の方法

もくじ
  1. 仕事をもっと楽しくするための、2つのイメージ。

    イメージを持って仕事をしていますか。
    仕事をもっと楽しくするためには、2つのイメージが大切です。
    このイメージがあるかどうかで、仕事の楽しさの感じ方が大きく変わります。

  2. あなたの仕事の結果は、午前に決まる。

    午前には不思議な力があります。
    同じ職場であるにもかかわらず、午前・午後という時間の違いだけで、ずいぶん雰囲気が違います。
    一言で言えば「午前はきびきび」「午後はまったり」です。

  3. とりあえず着手するだけで、仕事の半分は終わったようなもの。

    仕事で多くの時間が取られているのは、始める前の時間です。
    「面倒だな。いつやろうかな。どうしようかな」
    迷ったり考えたりしているだけでは、1歩も前進できません。

  4. 面倒な仕事ほど、できるだけ早く取りかかるのがいい。

    面倒な仕事ほど、できるだけ早く取りかかりましょう。
    「面倒だから後回しにしたい」と思いますが、そこが落とし穴。
    後回しにすると、面倒な仕事がもっと面倒になるでしょう。

  5. 「○○までに終わらせよう」という目標を立ててから、仕事を始めるだけでいい。

    あなたのスピードと集中力を上げる、簡単な工夫があります。
    「○○までに終わらせよう」という目標を立ててから、仕事を始めるだけでいいのです。
    「たったこれだけ」と思いますが、試してみると、絶大な効果に驚くはずです。

  6. 締め切りのない仕事でも、締め切りは作っておくほうがいい。

    締め切りのない仕事を頼まれることがあります。
     
    たとえば、上司から「急ぎではない。時間があるときにしてよい」と頼まれる仕事です。

  7. やることをやれば、後は待つだけではいけない。

    仕事の内容によっては、すぐ結果が出ない場合があります。
    「やることをやれば、結果が出るのを待とう」
    もちろん休憩や気分転換などの目的があるならいいのです。

  8. A4サイズ1枚にまとめられない企画は、そもそもうまくいかない。

    企画書は、A4サイズ1枚が理想です。
    完結で分かりやすく、要点だけまとめることが大切です。
    限られたスペースですが、だからこそ、発想力が生まれます。

  9. これからはスピードの時代。
    スピードとは、フットワーク。

    これからはスピードの時代です。
    ITによって、多くの情報が瞬時にやりとりされるようになりました。
    格安航空の登場や交通機関の発達などによって、遠方への移動も手頃な価格で容易になりました。

  10. 立ったまま仕事をすると、仕事が速くなる。

    立って仕事をすると、仕事が速くなる効果があります。
    デスクワークでは、座ってするのが世間の常識です。
     

  11. 他人の成功は、自分の損ではない。
    他人を成功させることが、自分にとっての成功になる。

    自分が成功したければ、どうすればいいのか。
    その1つが、他人の成功の手伝いです。
    「そんなことをすれば、自分が損をする」

  12. 一気に終わらせられる仕事なら、一気に終わらせたほうがいい。

    仕事の中には、一気に終わらせられるものがあります。
    量はあるものの、集中して頑張れば、一気に終わらせられる仕事の場合、どう進めていくか。
    あなたならどう進めていきますか。

  13. 満足させることに満足していけない。
    仕事の本当のゴールは、満足を超えた感動。

    相手を満足させることに満足しては、不十分です。
    もちろん相手を満足させられれば、最低限の仕事は達成できています。
    お客さんは喜んでくれるでしょう。

  14. 興味のないことは、覚えにくく、すぐ忘れる。
    興味のあることは、覚えやすく、なかなか忘れない。

    自分の記憶力を気にする人がいますが、ナンセンスです。
     
    たしかに記憶力には生まれつきの要素があり、個人差はありますが、微々たる差です。

  15. 食事と睡眠だけは、不足させてはいけない。

    生きていく上で欠かせないことが、2つあります。
    「食事」と「睡眠」です。
    家族や友達がいなくても、寂しいですが、生きてはいけます。

  16. 1回あたりの集中時間を長くするより、集中の回数を増やせばいい。

    集中できる時間には、個人差があります。
    人が集中できる限界は90分前後とされていますが、あくまで一般論です。
    30分間しか集中力が続かない人もいれば、1時間は集中力が続く人もいるでしょう。

  17. ミスを完全になくすのは、天才でも不可能。
    天才のエジソンでさえ、成功より失敗の数のほうが多い。

    小さなミスをしたときは、こう考えましょう。
    「小さなミスでよかった」と。
    ミスとはいえ、幅があります。

  18. いい仕事をするには「いい仕事をしよう」という気持ちが大切。

    いい仕事をするには「いい仕事をしよう」という気持ちが大切です。
    気合を入れなくても、たまたまいい仕事ができることもあるかもしれません。
    調子がいいときは、思わぬ成果を発揮できることもあるでしょう。

  19. 仕事を愛さなければ、本当にいい仕事はできない。

    「仕事なんて愛せない。むしろ仕事が嫌い」
    そんなことを言っていると「私は仕事のできない人間」と公言しているようなものです。
    嫌がって仕事をしている人は、サボることばかりを考え、最低限の仕事しかしません。

  20. 曖昧な表現より、具体的な数字のほうが、説得力が生まれる。

    抽象的な言葉は、時に便利です。
    「だいたい」
    「ほぼ」

  21. どちらもいいなと思う本があれば、両方買う。

    年収を上げるには、勉強が欠かせません。
    年収の高い人は、例外なく読書家です。
    毎日食事をするように活字を読み、情報を吸収します。

  22. 「ゆっくり」と「もたもた」は違う。

    「ゆっくり」と「もたもた」は違います。
    どちらも速度が遅い点では同じですが、実質は別物です。
    ゆっくり仕事をするのはいいのです。

  23. プレゼン前に挨拶をするだけで、本番の緊張が和らぐ。

    プレゼンの緊張を和らげる方法の1つが、挨拶です。
    プレゼンが始まる前に、しばらく空き時間があるでしょう。
    このとき、1人でも多くの参加者に挨拶しておくのが得策です。

  24. 「できるか」と聞かれたときの最高の返事。

    「できるか」と聞かれたとき、どう答えるかです。
    「無理です」「不可能です」などの弱気の発言では、仕事のチャンスも失います。
    できないことでも、できるだけ前向きな答えが大切です。

  25. ジョギング中に夢や目標を声に出せば、再認識を促せる。

    健康のために、ジョギングを習慣にしている人も多いでしょう。
    多くの場合、黙ったままジョギングする人が大半ではないでしょうか。
    黙々とジョギングするのもいいですが、もっと時間を有効に活用できる方法があります。

  26. 楽しい予定が、あなたを生き生きさせる。

    「やる気が起きない」
    「元気が出ない」
    そんなときは、楽しい予定を作りましょう。

  27. 報告は、数回に分けてもいい。

    仕事では、上司に報告をしなければいけない場面があります。
    報告をするなら、きちんと事実関係を整理して、きれいにまとめた状態で行いたいと思うでしょう。
     

  28. 行き詰まったときには、非常識に考えるのが常識。

    いくら考えても突破口が見いだせない。
    あらゆる選択肢を検討しても、解決策が見いだせない。
    そんなときは、常識で考えるのはやめて、非常識で考えてみましょう。

  29. 初心は大事。
     ただし、本当に初心で仕事をしてはいけない。

    「初心を忘れるな」
    「初心に返って、考え直そう」
    「いつまでも初心を持ち続けよう」

  30. 自分は完璧でないのに、相手にだけ完璧を求めるのは不公平。

    気に入らない性格に接したとき、むっとすることはありませんか。
    「あの人は少しがさつ。もっと丁寧になってほしい」
    「あの人のおっとりした性格が気に入らない。もっときびきび動いてほしい」

同じカテゴリーの作品