仕事効率化

仕事ができる人とできない人の
30の違い

  • 仕事ができない人は、
    外見に無頓着。
    仕事ができる人は、
    お金と手間暇をかけて外見を磨く。
仕事ができる人とできない人の30の違い

もくじ
  1. 仕事ができない人は、外見に無頓着。
    仕事ができる人は、お金と手間暇をかけて外見を磨く。

    仕事ができない人は、外見に無頓着です。
    仕事ができる格好なら、何でもよいと思っています。
    スーツ・ベルト・ビジネスシューズなどは、最低限のもので済ませようとする。

  2. 仕事ができない人は、名刺をズボンのポケットから取り出す。
    仕事ができる人は、名刺入れから取り出す。

    仕事ができない人は、不自然な場所から名刺を取り出します。
     
    たとえば、ズボンのポケットです。

  3. 仕事ができない人は、誰とでも名刺交換をする。
    仕事ができる人は、必要な人物に絞って名刺交換をする。

    仕事ができない人は、名刺交換に積極的です。
    誰とでも名刺交換をしようとします。
    初めて会う人なら、ビジネスだけでなくプライベートでも渡そうとします。

  4. 仕事ができない人は、真似を全否定する。
    仕事ができる人は、参考として積極的に真似をする。

    真似をするのは、よいことか、悪いことか。
    普通に考えると「悪いこと」と思われがちですが、一概には言えません。
    問題なのは、真似の仕方です。

  5. 仕事ができない人は、目標を高く設定して、途中で挫折する。
    仕事ができる人は、目標を低く設定して、達成感で突っ走る。

    仕事では、目標設定が大事です。
    目標には、5つのメリットがあります。
    (1)仕事が能動的になる

  6. 仕事ができない人は、目標が抽象的。
    仕事ができる人は、目標が具体的。

    目標は、ないよりあったほうがいい。
    目標があれば、自分が目指すべき方向や距離が分かります。
    目標を持つことにお金はかかりません。

  7. 仕事ができない人は、仕事の意味や目的に興味関心がない。
    仕事ができる人は、仕事の意味や目的を意識している。

    仕事の意味や目的の把握は必要でしょうか。
    まず仕事の意味や目的を知らなくても、言われたことができていれば、大きな問題はないでしょう。
    きちんと結果が出ているなら、誰も文句は言わないはずです。

  8. 仕事ができない人は、午後から調子を上げる。
    仕事ができる人は、午前から調子を上げる。

    仕事ができない人は、午後から調子を上げようとします。
    朝は、まだ眠気が残ってぼうっとするので、なかなか調子が出ません。
    朝食を抜きがち、もしくは少なめなので、エンジンがかかりにくい。

  9. 仕事ができない人は、上司に聞かれてから報告・相談・連絡をする。
    仕事ができる人は、上司から聞かれる前に報告・相談・連絡をする。

    仕事で欠かせない意思疎通が、3つあります。
    (1)報告
    (2)相談

  10. 仕事ができない人は、経緯・言い訳から話し始める。
    仕事ができる人は、結果・結論から話し始める。

    報告では、伝える順が大切です。
    報告内容をすべて伝えるなら、伝える順は自由と思うかもしれません。
     

  11. 仕事ができない人は、お金をかけないで学ぼうとする。
    仕事ができる人は、お金をかけて学ぼうとする。

    勉強にお金をかけるかどうか。
    ここが学びの分かれ道です。
    同じ情報が得られるなら、有料より無料のほうがよいと考えがちですが、状況によります。

  12. 仕事ができない人は、ぎりぎりで行動する癖がある。
    仕事ができる人は、余裕を持って行動する習慣がある。

    仕事ができない人は、ぎりぎりで行動する癖があります。
    ・朝は、始業時間の1分前に出社する
    ・仕事は、締め切り当日に提出する

  13. 仕事ができない人は、着手が遅く、ぎりぎりに終わらせる。
    仕事ができる人は、着手が早く、早めに終わらせる。

    与えられた仕事を、いつ終わらせるかが問題です。
    仕事ができない人は、まず仕事に着手するのが遅い。
    「締め切りさえ守れば問題ない」と考えています。

  14. 仕事ができない人は、だらだらしながら仕事をするのが好き。
    仕事ができる人は、集中して仕事をするのが好き。

    仕事ができない人は、だらだらしながら仕事をするのが好きです。
    気合を入れるのが苦手。
    一生懸命が好きではない。

  15. 仕事ができない人は、集中ができなくて諦める。
    仕事ができる人は、集中できない理由を考えて、環境を整える。

    何事も集中力が大切です。
    集中ができないとき、どうするか。
    ここが、仕事に差ができるポイントです。

  16. 仕事ができない人は、予定変更の際、後ろ倒しにする。
    仕事ができる人は、前倒しにする。

    あるとき、予定を変更しなければいけない状況が発生します。
    自分の都合もあれば、先方の都合もあります。
    できるだけ予定変更は避けるべきですが、社会で仕事をしているかぎり、必ず発生します。

  17. 仕事ができない人は、一生懸命仕事をしているふりをする。
    仕事ができる人は、本当に一生懸命仕事をしている。

    仕事ができない人は、一生懸命仕事をしているふりをします。
    集中しているときはじっとしていることが多いため、見方によっては怠けていると見られることがあります。
    じっとしていると周りからサボっていると誤解されるので、とりあえず動きだけでも大げさにします。

  18. 仕事ができない人は、しなければいけないことを考え、押しつぶされる。
    仕事ができる人は、しなくていいことを考え、効率化を図る。

    仕事ができない人は、しなければいけないことを考えています。
    しなければいけないことを考えるのは、立派に思えますが、裏には危険が潜んでいます。
    しなければいけないことばかりを考えていると、不思議なことに、仕事が増えていきます。

  19. 仕事ができない人は、家族を犠牲にしながら仕事をする。
    仕事ができる人は、家族を大切にしながら仕事をする。

    仕事ができない人は、家族を犠牲にしながら仕事をします。
    そもそも仕事と家族は別々の存在で、関係していないと誤解しています。
    中には、家族が仕事の足を引っ張っていると誤解している人もいます。

  20. 仕事ができない人は、完成してから提出する。
    仕事ができる人は、試作段階で仮提出する。

    いつ仕事を提出するか。
    「仕事は、完成してから提出するもの」と思いがちですが、ここに誤解があります。
    完成してから提出するのが適切とは言えません。

  21. 仕事ができない人は、難しい課題から逃げる。
    仕事ができる人は、難しい課題だからこそ挑戦する。

    ある日、上司から新しい仕事の相談をされます。
    「少し難しいかもしれないけど、この仕事はできそうかな?」
    あくまで相談です。

  22. 仕事ができない人は、意地でも1人でやり遂げようとする。
    仕事ができる人は、限界を感じたら、潔く人に手伝ってもらう。

    仕事ができるかどうかを決めるのは、人を頼れるかどうかです。
    いざというとき、人に頼る選択肢があると、仕事がスムーズになります。
    仕事ができない人は、意地でも1人でやり遂げようとします。

  23. 仕事ができない人は、不明点があっても、恥ずかしくて質問しない。
    仕事ができる人は、恥を覚悟の上、勇気を出して質問する。

    仕事をしていると必ず出てくるのが、不明点です。
    分からなければ質問すればいいのですが、実際は心理的な抵抗があり、難しい場合があります。
    不明点に対する姿勢は、そのまま仕事の善しあしに影響します。

  24. 仕事ができない人は、困ったときに頼れる人がいない。
    仕事ができる人は、頼りになる相談役がいる。

    仕事ができない人は、困ったときに頼れる人がいません。
    周りにいるのは、頼りにならない人ばかり。
    頼れる人がいないので、すべて自分一人で悩み、苦しみます。

  25. 仕事ができない人は「睡眠は仕事を怠けているのと同じ」と考えている。
    仕事ができる人は「睡眠も仕事の一環」と考えている。

    睡眠時間の安易な削減は、仕事ができない人によく見られる特徴です。
    仕事ができない人は「睡眠は仕事を怠けているのと同じ」と考えています。
    そのためいつも睡眠不足で仕事をするのが当たり前になっています。

  26. 仕事ができない人は「変化したくない」と思っている。
    仕事ができる人は「変化しないほうが危険」と思っている。

    仕事ができない人は「変化したくない」と思っています。
    変化を嫌うので、毎日同じ繰り返しばかり。
    新しく勉強することもなければ、新しい技術を身につけることもありません。

  27. 仕事ができない人は、ストレスを酒と食で発散させる。
    仕事ができる人は、運動で発散させる。

    ストレスの発散法は、仕事にも影響します。
    ストレスが発散できるなら方法は何でもよいわけではありません。
    ストレス発散には、健全な方法もあれば、不健全な方法もあります。

  28. 仕事ができない人は、会社に利用される。
    仕事ができる人は、会社を利用する。

    仕事ができない人は、会社に利用されます。
    会社への依存が強いため、会社に振り回されがちです。
    難しい仕事を押し付けられる。

  29. 仕事ができない人は「逃げの手段」として転職をする。
    仕事ができる人は「キャリアアップの手段」として転職をする。

    仕事をしていると「転職」という文字が頭をよぎることがあります。
    特に仕事を辞めたくなったときは、転職を考えやすい瞬間です。
    仕事上の事情で転職を検討し始めますが、仕事ができる人とできない人とでは、転職に対する考え方が違います。

  30. 仕事ができない人は、途中で勉強をやめる。
    仕事ができる人は、とにかく勉強を続ける。

    仕事ができる人もできない人も、新人の頃は一生懸命勉強します。
    ペンとメモ用紙を持って、勉強、勉強、また勉強。
    新人の頃は、分からないことが山ほどあるので、勉強漬けの日々が続きます。

同じカテゴリーの作品