まとめ
(舞台観劇で心がけたい30のマナー)
舞台観劇で心がけたい30のマナー

  • 前もって、物語のあらすじを把握しておく。
  • 時間厳守を心がける。
  • だふ屋から、チケットを購入しない。
  • 舞台を見に行くときは、清潔感のある服装を心がける。
  • 体調管理をしやすい服装で、劇場に向かう。
  • 喉や鼻水の違和感があれば、ハンカチ・ティッシュ・薬など、早めに対策しておく。
  • 仕方なく遅刻したときは、周りの迷惑にならないマナーを意識しながら座席に着く。
  • 子供を連れて行く場合、演目がふさわしいかどうか、よく考える。
  • 舞台から遠く離れた席なら、オペラグラスを持参する。
  • 視界を遮る髪型や髪飾りは、控える。
  • 香水・汗・口臭に注意する。
  • お手洗いは、舞台前に済ませておく。
  • 周りの迷惑になる持ち物は、客席に持ち込まない。
  • 舞台前は、携帯電話を電源から切っておく。
  • 浅く座ったり前かがみになったりせず、深く座る。
  • ペンライト・うちわ・メッセージボードは、公式で許可されている場合を除き、控える。
  • 私語は慎み、雑音には注意する。
  • 舞台観劇中は、食べたり飲んだりしない。
  • 先の展開や結末を、大声で話さないようにする。
  • 座席に出入りするときは、周りの配慮を心がける。
  • 主催者から許可されている場合を除き、舞台の撮影や録画はしないようにする。
  • 舞台に関係ない、無駄な動きには注意する。
  • 居眠りを防ぐ対策を立てておく。
  • 出演者への声援やかけ声は、控える。
  • 役者が至近距離まで近づいても、触らない。
  • 一生の思い出を作るつもりで、思いきり楽しむ。
  • 劇場スタッフの指示には、きちんと従う。
  • 入り待ち・出待ちは、許可されている場合を除き、控える。
  • 舞台を見終わった後は、ネガティブなおしゃべりは控え、ほどほどにする。
  • 差し入れやファンレターは、直接手渡すより、預かり場所から渡す。
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION