就職活動
一番前の席が、一番有利。
就職活動
就職ランキングの思わぬ落とし穴とは。
就職活動

企業研究のやり方が分かる
30のポイント

お気に入り1 読んだ
1

就職は、
企業の名前ではなく、
仕事の内容で選ぶのが正解。

就職は、企業の名前ではなく、仕事の内容で選ぶのが正解。 | 企業研究のやり方が分かる30のポイント

企業の名前で就職先を選ぶのは、よくありません。

名前で選ぶと、大企業や人気企業を上から順に応募することになるでしょう。

往々にして、大企業や人気企業は、応募者が殺到します。

非常に高い倍率になり、大変厳しい現実に直面するのは確実。

たとえ採用されたとしても、仕事がうまく続けられるか分かりません。

あくまで企業の名前であり、自分に適した仕事とは限らないからです。

働いても、自分に合っていない仕事なら、結果を出しにくいでしょう。

やりたくもない仕事なら、やりがいどころか、苦しみを感じるでしょう。

企業の名前で仕事を選ぶのは、危険な考え方です。

就職は、企業の名前ではなく、仕事の内容で選ぶのが正解です。

まず自己分析によって「できること・やりたいこと・求められること」の3つが重なる部分を探します。

重なる部分が見つければ、次にそれが実現できる仕事を、身の丈に合った企業の中から探すのです。

自分を生かせる仕事なら、成果を発揮しやすくなるでしょう。

やりたい仕事だからこそ、やりがいも充実感も得やすくなります。

好きな仕事だから、長続きもします。

これが、本来のマッチングなのです。

まとめ

企業研究のやり方が分かるポイント その1
  • 就職は、企業の名前ではなく、仕事の内容で選ぶ。
企業訪問や工場見学で、貴重な情報を入手する。

もくじ
企業研究のやり方が分かる30のポイント
就職は、企業の名前ではなく、仕事の内容で選ぶのが正解。 | 企業研究のやり方が分かる30のポイント

  1. 就職は、企業の名前ではなく、仕事の内容で選ぶのが正解。
  2. 企業訪問や工場見学で、貴重な情報を入手する。
  3. 企業の特徴が見つからないときの考え方。
  4. あなたが愛用している物は、どこの企業が作った物ですか。
  5. 店舗見学の際に、ふさわしい服装とは。
  6. 社員のプライベートを大切にする企業の、3つの特徴。
  7. 就職ランキングの思わぬ落とし穴とは。
  8. 差別のない企業の3つの特徴。
  9. 収入を増やしたい理由で、残業の多い企業を探すのは要注意。
  10. 大企業では得られにくい、中小企業ならではのメリット。
  11. 資料請求をした企業から、資料が送られてこない場合の対処。
  12. 企業研究をすればするほど、選考通過の可能性が上がる。
  13. 業界研究や企業研究が、つもりになっていませんか。
  14. ワンマン経営者でも、好調な企業もある。
  15. 有料の情報は、就職活動の効率を上げる効果がある。
  16. 志望企業が決まれば、実施される選考の種類を必ず確認。
  17. OB・OG訪問を歓迎する企業の面接は、OB・OG訪問を重視されやすい。
  18. アルバイトから正社員になるのは、どのくらい難しいのか。
  19. 人道的でない精神論を、しつこくアピールする企業には要注意。
  20. 個人的な知名度だけで企業を選ぶのは、要注意。
    BtoBの企業にも、素晴らしい企業がある。
  21. 企業の状態は、社員に表れる。
    社員とは、いわば血液のようなもの。
  22. トイレは、企業の状態を表す穴場。
  23. 女性が働きやすい職場かどうかを、どう確認するか。
  24. 「優秀な人は大企業に就職」という考えは、世界的に見ると、実は珍しい。
  25. 企業説明会で上映されるビデオは、現実より美しく表現されている場合がある。
  26. 上場企業の面接前には、財務状況を確認しておきたい。
  27. 企業が求めるコミュニケーション能力を、具体的に把握しているか。
  28. 入社予定の企業が、合併した場合の対処。
  29. 入社予定の企業が不祥事を起こしたときに考えたい、3つのポイント。
  30. 集めた企業情報は、入社が決まっても、しばらく保管。

同じカテゴリーの作品