読み上げ動画・音声
プラス思考
犠牲ではない。
集中しているのだ。
生き方
こっそりしていることが、あなたの本当の好きなこと。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
緊張・あがり症
緊張している自分を責めない。
プラス思考
明るい毎日を送るために、何事も明るく考えよう。
生き方
明るい服装にすると、気持ちも明るくなり、行動力も出てくる。

気持ちがになる
30言葉

お気に入り6 読んだ
その26

罪悪感も、
ほどほどが大切

罪悪感も、ほどほどが大切。 | 気持ちが楽になる30の言葉

っかり誰かに迷惑をかけてしまった。

そんなとき、罪悪感を抱きます。

申し訳ない気持ちでいっぱいになり、自分に自信をなくしてしまうでしょう。

罪悪感を抱くことは大切です。

  • 「悪いのは自分」

  • 「悪いことをしたな」

反省するから、同じことが二度と起こらないように行動できます。

しかし、罪悪感もほどほどが大切です。

罪悪感をずっと抱き続けるのはよくありません。

いつまでも自分を責めてばかりでは暗い気持ちから回復できず、建設的な考えができません。

いつまでもくよくよしていては、精神的な健康にも悪影響です。

罪悪感のため、自分を責めすぎてしまうと、今度は自分が嫌いになってしまいます。

自分が嫌いになると、立ち直れる落ち込みでも、本当に立ち直れなくなってしまいます。

きちんと謝って反省ができれば、罪悪感をじわじわ忘れていきましょう。

人間は完璧な生き物ではありません。

悪気はなくても、相手に迷惑をかけてしまうことは、誰にでもあります。

明るい太陽の光を浴びれば、じわじわ罪悪感が消えていきます。

本当に罪を償う気持ちがあるなら、早く立ち直って、立派に生きることです。

それが本当の罪の償いになります。

気持ちが楽になる言葉 その26

  • 罪悪感くのは、
    ほどほどにする

次の記事

自分と向き合うためにしているなら、逃げでもわがままでもない。

もくじ
(気持ちが楽になる30の言葉)

同じカテゴリーの作品