スキンケア

スキンケアの
30の基本

4
1

自分の肌の特徴を、
説明できますか。

自分の肌の特徴を、説明できますか。 | スキンケアの30の基本

化粧品選びでは、どのような情報を参考にしていますか。

雑誌で見かける広告や友達からの評判。

世の中では、さまざまな情報があふれかえり、化粧品選びに苦労している人も多いことでしょう。

 

しかし、広告や評判を参考にする以前に大切な大前提があります。

まず、自分の肌の状態を知ることです。

肌の状態には、さまざまな種類があります。

皮脂の分泌がバランスよい「普通肌」。

皮脂の分泌が少ない「乾燥肌」。

特定の物質に肌が触れると、かぶれたり炎症を起こしたりする「アレルギー肌」。

角質が薄くて刺激に弱い「敏感肌」。

皮脂の分泌が多い「脂性肌」。

皮脂の分泌が多いにもかかわらず乾燥している「混合肌」。

にきびが多い「にきび肌」。

目のしわが目立つ。

しみが多い。

色白か、色黒か。

まず自分は、どのような肌の分類に入るかを知ることが大切です。

乾燥肌なら、保湿はヒアルロン酸を重視した化粧品がふさわしいでしょう。

敏感肌なら、低刺激の化粧品が適切です。

にきび肌なら、にきび予防に特化した化粧品がおすすめです。

たるみやしわに悩んでいるなら、コラーゲンが含まれた化粧品です。

自分のことを知ることなくして、スキンケアは始まりません。

自分の肌を知ることで、ふさわしい化粧品のジャンルがわかります。

ふさわしい化粧品のジャンルがわかった上で、評判やインターネットなどの情報を頼りしながら、化粧品を絞り込んでいきます。

化粧品売り場の試供品で、実際に触れて確かめた上で、最終的に決めていくのが正解です。

自分の肌の特徴を知っているからこそ、ふさわしい化粧品を選びやすくなるのです。

「あなたは、どのような肌質ですか」

そう聞かれたとき、即答できるようになっておきましょう。

それが、スキンケアで一番大切な基本です。

スキンケアの基本(1)
  • 化粧品選びの前に、自分の肌の状態を確認しておく。
肌のタイプは、大きく分けて4種類ある。
あなたはどのタイプ?

もくじ
スキンケアの30の基本
自分の肌の特徴を、説明できますか。 | スキンケアの30の基本

  1. 自分の肌の特徴を、説明できますか。
    自分の肌の特徴を、説明できますか。
  2. 肌のタイプは、大きく分けて4種類ある。<br>あなたはどのタイプ?
    肌のタイプは、大きく分けて4種類ある。
    あなたはどのタイプ?
  3. 肌質は、ティッシュ1枚で、確認できる。
    肌質は、ティッシュ1枚で、確認できる。
  4. 肌の基本的な3層構造を、正しく理解する。
    肌の基本的な3層構造を、正しく理解する。
  5. 肌の新陳代謝とは、どういう意味なのか。
    肌の新陳代謝とは、どういう意味なのか。
  6. スキンケアの第1は、手洗いから始める。
    スキンケアの第1は、手洗いから始める。
  7. スキンケアの基本は、5つのステップ。
    スキンケアの基本は、5つのステップ。
  8. クレンジングは、肌が濡れていない状態で使う。
    クレンジングは、肌が濡れていない状態で使う。
  9. クレンジング料はタイプによって、洗浄力も大きく異なる。
    クレンジング料はタイプによって、洗浄力も大きく異なる。
  10. クレンジングは、メイクが完全に落ちるまで続ける必要はない。
    クレンジングは、メイクが完全に落ちるまで続ける必要はない。
  11. 洗顔は、朝も必要。
    洗顔は、朝も必要。
  12. 洗顔には、理想の順番がある。
    洗顔には、理想の順番がある。
  13. 洗顔にかける時間の目安は、およそ1分。
    洗顔にかける時間の目安は、およそ1分。
  14. 肌に合った洗顔料を選ぶ目安。
    肌に合った洗顔料を選ぶ目安。
  15. ぬるま湯の適正温度は、肌質によって異なる。
    ぬるま湯の適正温度は、肌質によって異なる。
  16. 泡立ちこそ、この世に存在する、最高の洗顔用具。
    泡立ちこそ、この世に存在する、最高の洗顔用具。
  17. 洗顔で、ごしごし洗うのだけは、絶対にダメ。
    洗顔で、ごしごし洗うのだけは、絶対にダメ。
  18. コットンの持ち方という基本的なことを抜け落としていませんか。
    コットンの持ち方という基本的なことを抜け落としていませんか。
  19. 化粧品を上手に選ぶための3ステップ。
    化粧品を上手に選ぶための3ステップ。
  20. 洗顔後、化粧水をつけるベストタイミング。
    洗顔後、化粧水をつけるベストタイミング。
  21. 化粧品は生ものである。<br>化粧品の辞書に「保管」という文字はない。
    化粧品は生ものである。
    化粧品の辞書に「保管」という文字はない。
  22. 化粧水をつけるとき、手を使うべきか、コットンを使うべきか。
    化粧水をつけるとき、手を使うべきか、コットンを使うべきか。
  23. 化粧水も乳液も、手で押さえるようになじませるのが一番。
    化粧水も乳液も、手で押さえるようになじませるのが一番。
  24. スキンケア用品は、使い終わったら、すぐ蓋を閉める。
    スキンケア用品は、使い終わったら、すぐ蓋を閉める。
  25. 化粧水や乳液は、浴室に置かない。
    化粧水や乳液は、浴室に置かない。
  26. 化粧品にも、消費期限が存在する。
    化粧品にも、消費期限が存在する。
  27. 私たちがつける化粧品の量のほとんどは、少なすぎる。
    私たちがつける化粧品の量のほとんどは、少なすぎる。
  28. 化粧品のブランドは、統一させたほうが、効果が現れやすい。
    化粧品のブランドは、統一させたほうが、効果が現れやすい。
  29. 化粧水や乳液は、むらなく塗りつつ、顔に均一には塗らない。
    化粧水や乳液は、むらなく塗りつつ、顔に均一には塗らない。
  30. あなたはスキンケアに、どのくらい時間をかけていますか。
    あなたはスキンケアに、どのくらい時間をかけていますか。

同じカテゴリーの作品