人生の教科書



食事マナー

テーブルマナーの達人が心がける
30の心得

お気に入り1 読んだ
13

テーブルマナーの上級者は手を挙げずに、
給仕を呼べる。
その方法とは。

テーブルマナーの上級者は手を挙げずに、給仕を呼べる。その方法とは。 | テーブルマナーの達人が心がける30の心得

給仕を呼ぶとき、どうしますか。

やはり多くの場合、手を挙げる場合が多いでしょう。

別にマナー違反でもなく、これでも正しいです。

 

しかし、テーブルマナーの上級者となると、一風変わっています。

手を挙げずに、給仕を呼ぶことができるのです。

 

では、どう呼ぶのか。

私の場合、アメリカの西洋レストランで頻繁に見かけました。

まず、振り向いて給仕と目を合わせてください。

目があった瞬間、わずかに眉を上げて、小さくうなずくのです。

 

「アイコンタクト」です。

 

西洋のテーブルマナーの上級者でよく見られる方法です。

鏡を見ながら、ちょっとやってみましょう。

いかがでしょうか。

「用事があるから来てくれないか」というニュアンスが伝わりやすい目つきに変わるはずです。

「おや、自分にもこんなかっこいいことができるのか」と鏡を見ながら驚くほどです。

アイコンタクトだけで給仕が呼べると、スマートです。

まとめ

テーブルマナーの達人が心がける心得 その13
  • アイコンタクトで、給仕を呼ぶ。
次のページ >>
苦手な食べ物があるときの上手な対処法。

もくじ
(テーブルマナーの達人が心がける30の心得)

同じカテゴリーの作品