人生の教科書



食事マナー
フォーマルなレストランで別々の会計は、マナー違反。
食事マナー
レストランで露骨なお金の表現は、できるだけ避ける。
食事マナー
緊張するところではない。
ただ慣れていないだけ。
旅行
海外旅行では、水はお金を出して買うのが基本。
食事マナー
レストランでの口説き率は、異常に高い。
食事マナー
レストランの予約は、面倒とはいえ、しないほうがもっと面倒なことになる。
食事マナー

テーブルマナーの達人が心がける
30の心得

お気に入り0 読んだ
3

大きめの荷物やコートは、
クロークに預けるのがマナー。

大きめの荷物やコートは、クロークに預けるのがマナー。 | テーブルマナーの達人が心がける30の心得

レストランに入店した際、受付から「お荷物をお預かりいたします」と言われることがあります。

持っている荷物の大きさにもよります。

フォーマルなレストランで大きな荷物を持って入店をした場合、確実に言われると思っていいでしょう。

洋食レストランに慣れない人は、まずこの言葉に一瞬戸惑います。

「自分の荷物くらい自分で持つよ」と思うのです。

もちろん女性が片手で持つ、小さなパーティーバッグくらいならいいのです。

いすと背中の間に置けば邪魔になりません。

小さなバッグ類は、椅子の背もたれと背中の間に置きましょう。

もしくは、椅子の肘掛けに引っかけても結構です。

 

しかし、大きめの荷物やコートなら別です。

床に置いたりイスにかけたりすればいいのではないかと思いますが、すすめられることではありません。

もし食事の場に、大きな荷物やコートが置いてあるとどうでしょうか。

目立ちますし、レストランの落ち着いた雰囲気を壊しかねません。

また、大きいがゆえに、給仕が料理を運ぶ際も邪魔になります。

基本的に大きめの荷物は、クロークに預けるのがマナーです。

意地を張らず、貴重品だけを手に持ち、預けられる荷物はクロークへ預けるようにしましょう。

預けることで、料理の味に集中できたり、同席者との会話が弾みやすくなったりするのです。

まとめ

テーブルマナーの達人が心がける心得 その3
  • 大きめの荷物やコートは、
    クロークに預ける。
案内されたテーブル席に座るときは、左側から。

もくじ
(テーブルマナーの達人が心がける30の心得)

同じカテゴリーの作品