人生の教科書



旅行

海外旅行で注意したい
30のタブー

お気に入り0 読んだ
18

長時間のフライト後、
すぐビーチで泳ぐのは危ない。

長時間のフライト後、すぐビーチで泳ぐのは危ない。 | 海外旅行で注意したい30のタブー

長時間のフライトでは、時差ぼけになります。

時差ぼけを解消するには、現地が夜になるまで寝ないことです。

 

しかし、これは思っているほど簡単なことではありません。

長時間のフライトで疲れているため、なかなか難しいでしょう。

じっとしていると眠くなります。

そこで逆のアプローチです。

じっとしていて眠くなるなら、じっとしていなければいいのです。

現地に到着をして、体を思いきり動かすような予定を入れる人も多いことでしょう。

海に面したリゾート地なら、到着するやいなや、眠気覚ましにビーチへ泳ぎに出かける人も多いはずです。

太陽の光を浴びながら冷たい水の中で泳いでいれば、たしかに眠気が吹き飛びます。

 

しかし、これは落とし穴です。

これほど危険なことはありません。

水難事故が発生しやすくなるからです。

長時間のフライトと時差ぼけによる疲れは、急に襲ってきます。

ビーチで泳いでいると、ふとたまった疲れが襲ってきて力が入らなくなることがあります。

足が着かないくらい深いところで泳いでいるなら、溺れてしまう危険があります。

ビーチに行きたい気持ちは分かりますが、せめて眠気がない状態で泳ぐべきです。

どうしても初日に泳ぎたい人は、あまり深いところまで泳ぐのは控え、浅瀬で軽く泳ぐだけにしておきましょう。

まとめ

海外旅行で注意したいタブー その18
  • 到着当日にいきなりビーチで泳ぐのは、
    控える。
パスポートの有効期限があるからとはいえ、必ず入国できるとは限らない。

もくじ
(海外旅行で注意したい30のタブー)

同じカテゴリーの作品