人生の教科書



旅行
クレジットカードの意外な落とし穴。
旅行
旅慣れた人ほど、クレジットで買い物をする。
旅行

海外旅行で注意したい
30のタブー

お気に入り4 読んだ
24

利用者が破ってしまいやすい、
クレジットカードの3つの保険対象外。

利用者が破ってしまいやすい、クレジットカードの3つの保険対象外。 | 海外旅行で注意したい30のタブー

海外旅行に行くとなると、クレジットカードを持参することでしょう。

フィッシング、スキミング、クレジットカードマスターなど、クレジットカード被害にはさまざまな種類があります。

万が一クレジットカード被害に遭っても、通常クレジットカードには保険がついています。

  • 「不正利用の被害に遭っても、保険があるから大丈夫だろう」

そう思いますが、必ずしもすべてが保険対象になるとは限りません。

保険の対象になるためには、前提となる条件があります。

条件は数多くあるのですが、特に利用者がいつの間にか破ってしまいやすい規約違反が3つあります。

これは重要です。ぜひ、知っておいてください。

  1. サインなしのカードは保険対象外

よくあるうっかりは「クレジットカードの裏にあるサイン」です。

面倒だからクレジットカードの裏にサインを書いていない人がいるのですが、これはいけません。

クレジットカードの裏にサインがないものは、規約違反のため、保険対象外になる可能性があります。

万が一、クレジットカードを落として不正利用されたとしても、保険が適用されない場合があります。

もし書き忘れていれば、今すぐ書きましょう。

  1. 他人に貸した場合、保険対象外

他人に貸した事実があれば、その時点で保険対象外になります。

クレジットカードは契約者に貸し出しているものであり、契約者のみ使用可能という規約があります。

過去に一度でも他人に番号を教えたり、カードを渡したりした事実が発覚すれば、不正利用として扱われ、保険が適用されません。

  1. 分かりやすい暗証番号は、保険対象外

私が一番驚いたのは、これです。

また、これが一番知られていないのかもしれません。

クレジットカードでキャッシングをするなら、暗証番号が必要ですね。

その暗証番号が自分の誕生日の場合、保険対象外になります。

クレジットカード会社から「暗証番号を容易に推測できる番号は設定しないでください」という注意が強く促されるはずです。

「容易に推測できる番号」には、誕生日も含まれます。

注意があるにもかかわらず、自分の誕生日を暗証番号に設定した利用者は、故意に規約を破っていると見なされます。

本人の管理に責任があると見なされ、保険対象外にされてしまうのです。

「1234」や「1111」のような容易に推測しやすい番号の場合も、同様に保険対象外になる可能性があるので注意です。

まとめ

海外旅行で注意したいタブー その24
  • クレジットカードの保険対象になる条件を、
    満たしておく。
クレジットカードの意外な落とし穴。

もくじ
(海外旅行で注意したい30のタブー)

同じカテゴリーの作品