人生の教科書



生き方
疑うより信じるほうが、人生は明るい。
暮らし
言い訳とは、相手をがっかりさせる行為。
子育て
信用される人間に育てる2つのポイント。
「約束を守ること」と「嘘をつかないこと」。
恋愛トラブル
改善の約束は、できるだけ具体的にするのが得策。
旅行

海外旅行で注意したい
30のタブー

お気に入り2 読んだ
29

貴重品は、
他人に預けない。
預けた相手が、
実は安全管理意識の低い人かもしれない。

貴重品は、他人に預けない。預けた相手が、実は安全管理意識の低い人かもしれない。 | 海外旅行で注意したい30のタブー

  • 「貴重品があれば、お預かりします」

博物館や美術館ではフロントで、そういう話しかけられることがあります。

「貴重品だからきちんと保管・管理をしてくれるのだな」と思います。

そういう思い込みは危険です。

「預けたから絶対に安全」という保証はどこにもないのです。

格式のあるレストランや劇場なら別ですが、普通の博物館や美術館では預けないほうが無難です。

観光バスの添乗員やホテルのフロントスタッフでさえ、100パーセント、信用はできません。

他人に預けると、自分で安全管理ができなくなります。

預けた相手が、実は安全管理意識の低い人かもしれません。

預かる人が必ず安全意識が高いとは限りません。

相手も人ですから、うっかりすることがあります。

もしくは「預かります」という人が、実は泥棒や詐欺師という可能性もあります。

それは預けてみないと分からないのです。

泥棒や詐欺師は、信用ができる身なりで近づいてくるのが特徴です。

自分で貴重品を持っているかぎり、安全管理は自分でできます。

安全管理を他人に委ねず、自分で管理することが大切です。

海外旅行で信用できるのは自分だけです。

貴重品は、常にしっかり持つという意識を持つようにしましょう。

まとめ

海外旅行で注意したいタブー その29
  • 貴重品ほど、
    他人に預けないようにする。
博物館・美術館のフロントで荷物を預かろうとする、本当の意味。

もくじ
(海外旅行で注意したい30のタブー)

同じカテゴリーの作品