旅行

子連れ旅行で家族の絆を深める
30の方法

  • 「もう少し成長してから」と思っていると、
    逆に思い出を作るタイミングを逃してしまう。
子連れ旅行で家族の絆を深める30の方法

もくじ
  1. 「もう少し成長してから」と思っていると、逆に思い出を作るタイミングを逃してしまう。

    子供の安全を考えると、子連れ旅行は「もう少し大きくになってから」と思います。
    もちろん生まれたばかりの赤ちゃんとの旅行は、少し無理があります。
    哺乳瓶を片手に、観光地を巡るのは大変です。

  2. 子連れ旅行を始める時期の目安は、3歳前後。

    子連れ旅行を始める時期の目安は3歳前後です。
    個人差はありますが、3歳前後と考えていいでしょう。
    状況によっては2歳でもかまいません。

  3. 子連れ旅行で一番大切なことは、大人目線ではなく、子供目線で考えること。

    ある程度の年齢になると、子供と一緒に旅行を考えるようになります。
    家族旅行です。
    貴重な思い出を作ることができますし、家族の絆を深めるいい機会ですね。

  4. 子供との旅行コースは、観光より娯楽施設を中心に。

    子連れの旅行となると、大人目線ではなく、子供目線で考える必要があります。
    もちろん旅行コースにも、子供たちが喜びそうなコースを考えるようにしましょう。
     

  5. あらゆる乗り物の中で、自家用車ほど融通の利く交通手段はない。

    初めて子連れ旅行へ行くなら、断然「自家用車」がおすすめです。
    あらゆる交通手段の中で、最も融通が利く乗り物だからです。
    電車やバスもいいのですが、公共の交通機関は、公共性があるゆえに、制約があります。

  6. 「子連れ旅行の練習」は、車を使って10分で行けるところから始める。

    子連れ旅行でいきなり海外旅行は、かなり厳しいものがあります。
    飛行機には気圧の変化もありますし、ジェット音がうるさいです。
    途中で降りられません。

  7. 子供にとってパッケージツアーを、どう感じるか。

    子連れ旅行をするとき、パッケージツアーを利用するのは、1つの案です。
    親には車を運転する手間がないです。
    添乗員もいるので、一安心です。

  8. そもそも「子連れ旅行」の目的は何だろう。

    あなたは生まれて初めて旅行をした日のことを覚えていますか。
    親が子供に「旅行に行こう」と言ったとします。
    まだ旅行を経験したことのない子供にとって「旅行って何だろう」と思います。

  9. タクシーを貸し切ったほうが安上がりの場合がある。

    子供を連れて旅行に行くときには「貸し切りタクシーを利用する」という方法があります。
    「貸し切り」と聞けば、贅沢なイメージがありますね。
     

  10. 子供が絶対に嫌がらない魔法の料理とは。

    子供のころは、好き嫌いが多いものです。
    その一方で食べ盛り。
    子連れ旅行に行ったとき、子供でも食べられるような食事に迷うでしょう。

  11. 初めての土地でも、子供が楽しめる場所を簡単に探し出す方法。

    子連れ旅行になると、見知らぬ土地へ行くことになります。
    ガイドブックでもあればいいのですが、そもそもガイドブックの多くは、大人向けに書かれているものです。
    子連れ旅行となると、少し違ってきます。

  12. 子供は親と手をつなぐと、知らない場所でも怖くなくなる。

    子供と一緒に出歩くときには、手をつなぎながら歩くようにしましょう。
    ふらふら歩く子供は、思わぬところを歩いて、気づけば迷子になっているかもしれません。
    子供を自由に歩かせたいと思っても、動きが不規則ですから、安心はできません。

  13. 平日の旅行なら、通勤ラッシュに気をつけろ。

    「さあ、出かけるぞ」
    外に出るやいなや、道を忙しく歩く人々がいます。
    駅のホームには、人だかりがあり、電車の中は人でいっぱい。

  14. 旅行の食費を少しでも抑えるために、食事を済ませてから出かける。

    旅行となると、食費がかかります。
    基本的に家族旅行では、食事のすべては外食になるはずです。
    何泊かする家族旅行の食費は、それなりに大きな金額になるはずです。

  15. 小腹対策にお菓子は不適切。
    お菓子の代わりになる、ある食べ物とは。

    旅行の初日は、自宅で食事を済ませてから出かけるのが家族旅行の食費を抑えるコツです。
    家族全員の一食分がカットできるので、大きな節約効果があります。
     

  16. パッケージツアーは、時間の短いものから慣れていこう。

    子連れ旅行なら「パッケージツアー」は魅力があります。
    添乗員が案内してくれますし、親が運転することもありません。
    親の本音としては、手のかかる子供がいると、楽に旅行を済ませたいと思うはずです。

  17. 子連れ旅行によって、子供の目は、内から外へと向けられていく。

    今は、テレビやパソコンで、何でも情報が手に入る時代です。
    テレビをつけていれば、さまざまな情報が自動的に次々と映ります。
    何もしなくても、ただテレビをぼうっと見ているだけで、それなりの楽しい時間を過ごせてしまいます。

  18. 家族で旅行をするとき、ゲーム機の持参はよくない。

    携帯できるゲーム機があります。
    外に持ち運べるので、旅行中も時間ができたときの暇つぶしにゲームをしようと思います。
    旅行中、車で移動しているときは、たしかに暇です。

  19. 雨が降ったら気持ちいいと考える。
    雨の日を悪者扱いしない。

    「せっかくだから晴れますように!」
    旅行といえば、天気が晴れてくれるように願います。
     

  20. 迷子のための連絡先は、持ち物ではなく、身につけているものに書いておく。

    子連れ旅行で気をつけなければいけないのは、迷子です。
    親としては、はぐれないよう手をつないだり注意を向けたりしているでしょう。
     

  21. 外で遊んでいると、つい忘れがちな日焼け対策。

    子供が喜びそうなところは、日差しが強い場所が多いですね。
    海へ行って海水浴をしたり、森林公園やテーマパークで遊んだりなどです。
    いい天気なら、思いきり、外で遊べるでしょう。

  22. 高級ホテルが、必ずしも子供にとって適切な宿泊施設とは限らない。

    子連れ旅行に行くとき、どのような宿泊施設を使用しますか。
    予算の関係で、格安ホテルを利用することもあるでしょう。
     

  23. 信頼できる情報源は、実は身近なところにあった。

    子供連れの旅行に限った話ではありませんが、やはり事前の情報収集は重要です。
    しっかり調べておかないと「思っていたのと違う」ということになり、せっかくの旅行が台無しになることがあります。
    問題なのは「どこから情報を手に入れるか」です。

  24. はしゃいでいい場所、いけない場所は、親がきちんと区別をする。

    子供連れの旅行でありがちなのは、子供の迷惑行為です。
    旅館の中で走り回る。
    お風呂で泳ぐ。

  25. 「旅行中止」という重大な決断が、逆に親への信頼感を深める。

    「お母さん、苦しいよ」
    子供が急に体調不良を訴えたとき、あなたならどうしますか。
    せっかく計画を立てたのだから、何とか無理してでも行けないかと考えます。

  26. 子供にとって飛行機の窓から見える光景は、もはや勉強だ。

    幼いころ、家族旅行で初めて飛行機に乗って窓の外を見たとき、はっと驚きました。
    何に驚いたのかというと、珍しい光景です。
    飛行機の窓から見る景色は、普段の生活では絶対に見られない光景です。

  27. 子連れ旅行では、何でも妻に任せきりにしないこと。

    子連れ旅行のとき、子供の世話を妻に任せきりにするケースがあります。
    平日、夫は仕事で、妻は子供の世話をする家庭も多いことでしょう。
    普段がそうなので、旅行のときも、子供の世話は妻に任せようとすることが多いのです。

  28. 泣き出した子供を泣きやませようとして、陥りやすい悪循環。

    泣いている子供を泣きやませようとしている親御さんを見かけることがあります。
    そういうとき、よく見かける悪循環があります。
    旅行中なのか、親は余裕がありません。

  29. 旅先で泣き出した子供を泣きやませる2つの方法。

    旅行先では、怖いこと、驚くことなど刺激的なことがたくさんあります。
    それが旅行の面白さです。
    普段の生活では、体験できないような体験をしに行くわけです。

  30. 子連れであることに引け目を感じる必要はない。
    子連れだからこそ得られる特権を利用せよ。

    幼い子供を連れての旅行は、気を使います。
    旅行は、一人旅が最も楽です。
    同伴者が増えれば増えるほど、団体行動が余儀なくされ、行動を合わせるストレスが増えます。

同じカテゴリーの作品