人生の教科書



旅行

海外旅行で注意したい
30のタブー

お気に入り1 読んだ
14

海外で宗教を聞かれたら
「無神論者」とは答えるのはタブー。

海外で宗教を聞かれたら「無神論者」とは答えるのはタブー。 | 海外旅行で注意したい30のタブー

海外旅行中、現地の人から「あなたの宗教は何ですか」と尋ねられることがあります。

特に、寺院に観光した際は、聞かれる場合があります。

寺院という信仰深い場所であるだけに、観光客が持つ信仰にも興味を持つ人が多いのです。

日本人は、宗教に対してマイナスのイメージを持っている人が多いです。

そのため、つい「宗教はありません」と言って、無神論者として表現する場合があります。

 

しかし、これは言ってはいけません。

禁句の1つです。

答えた瞬間、相手は急に真顔になります。

「なぜだ」と問い詰めてきたり、眉間にしわを寄せながら「神を信じないでよく生きてこられたわね」と言われたりします。

寺院のような信仰に深い場所なら、ささいな問題に発展する可能性があります。

信仰心の厚い人に対して「無信仰」「神を信じていない」という言葉はタブーです。

大切なことは「偉大なる神に対し、感謝している姿勢」です。

その真意は、世界の宗教の違いこそあれ、共通です。

 

しかし、無神論者というのは、その「偉大なる神」を真っ向から否定し、侮辱している言葉に聞こえるのです。

無神論者としての持論があり、現地の言葉で的確に理由を表現できるならいいですが、そうでなければ言わないほうが無難です。

日本人旅行者なら「I'm Buddhist.(仏教徒です)」というのが無難です。

もちろんキリスト教なら、素直にそう言いましょう。

神を信じ、敬っている気持ちが伝われば、宗教を問わず問題になりにくいのです。

まとめ

海外旅行で注意したいタブー その14
  • 海外で宗教を聞かれたら、
    素直に仏教徒と答える。
宗教に対する不敬な行動は、慎む。

もくじ
(海外旅行で注意したい30のタブー)

同じカテゴリーの作品