人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

海外旅行注意したい
30タブー

お気に入り3 読んだ
1

きちんとした服装を、
信用するのはタブープロ泥棒は、
意外にも紳士的

きちんとした服装の人を、見た目で信用するのはタブー。プロの泥棒は、意外にも必ず紳士的? | 海外旅行で注意したい30のタブー

外旅行で気をつけたいのは、警官です。

  • 「え? 警官はむしろ頼りになる人じゃないの」

今、そう思いましたね。

人間は、きちんとした服の人に弱いものです。

海外で気をつけたいのは、きちんとした服装の人です。

警察服を着た警官。

事務服を着たホテルスタッフ。

スーツ姿のビジネスマン。

人間は、その人の着ている服装から身分を想定します。

外見からどのくらい信用できるかを決めてしまいがちです。

警察服を着た人を見れば「警察の人だな」と思いますし、ホテルの制服を着ていれば「ホテルのスタッフだな」と思います。

スーツを着ていれば「ビジネスマンだな」と思います。

 

しかし、です。

その見かけと身分が、必ずしも一致しているとは限りません。

プロの泥棒は、ここに付け込もうとするのです。

  • 「こんこん」

ホテルの部屋でくつろいでいると、ノックが聞こえました。

のぞき穴を見ると、ホテルスタッフが立っています。

  • 「おや。ホテルスタッフが何の用事だろうか」

そう思って、気軽にドアを開けてしまいがちです。

その瞬間に、部屋の中に入って襲われる可能性があります。

事実、私がこれまでに海外で被害を受けたのは、意外にもきちんとした服装の人からでした。

スーツを着た紳士が「個人タクシーを運営しているんだ。どこでも連れて行ってあげるよ」とやってきました。

きれいな黒塗りのタクシーでした。

何となく、そのきちんとした見かけや雰囲気から「信用できそうだな」と思ってしまったのです。

 

しかし、その人は騙しのプロでした。

まんまと、タクシー料金を騙されました。

そういうケースは本当に多いのです。

一般的に私たちが想像する「悪い人」は、汚れた服装で、ぶっきらぼうで、人相が悪いというイメージです。

 

しかし、そういう人は、まれです。

プロの泥棒ほど、必ず紳士的です。

きちんとした服装でマナーがあり、いい笑顔で自然と近づくのです。

海外旅行で注意したいタブー その1

  • きちんとした服装に、
    をつける
海外旅行客が大勢やってくる観光地は、犯罪の温床になっている。

もくじ
(海外旅行で注意したい30のタブー)

同じカテゴリーの作品