人生の教科書



就職活動
スピード写真の写りをよくする3つの工夫。
食事マナー
レストランで、好き勝手に写真撮影をしない。
旅行
夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
ストレス対策
癒しの写真は、心のお守りになる。
旅行
本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
就職活動
履歴書の写真は、自分で撮らない。
旅行

海外旅行で注意したい
30のタブー

お気に入り0 読んだ
22

観光地には、
写真撮影が許可されていない場所がある。

観光地には、写真撮影が許可されていない場所がある。 | 海外旅行で注意したい30のタブー

観光地では、どこでも写真を撮っていいわけではありません。

博物館、美術館、そのほか政府関連のところでは、写真撮影が禁止されている場合があります。

珍しい場所に立ち寄り、記念にカメラに収めようと思いますが、注意が必要です。

なぜわざわざ忠告をするかというと、場合によっては「ごめんなさい」で済まされないこともあるからです。

特に宗教色の強いところは、写真を固く禁じているところが多いです。

誤って写真を撮ろうものなら、フィルムを破られたり、カメラごと壊されたりするケースも珍しくありません。

現地の人の気分をひどく害してしまえば、観光客であろうと、暴行を加えられる可能性もあります。

観光地での写真撮影は、必ず許可されているかどうか確認をすることです。

大きな観光地なら、案内の看板に書かれているはずです。

心配なら、現地の係員に尋ねてからにしましょう。

まとめ

海外旅行で注意したいタブー その22
  • 写真撮影は、
    許可されているかどうかを確認してからにする。
赤道に近い国へ旅行に行くなら、普段から日焼け止めを塗っておくほうがいい。

もくじ
(海外旅行で注意したい30のタブー)

同じカテゴリーの作品