人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
金銭感覚
小さな損得は「ほぼゼロ」として考えよう。
金銭感覚
投資を始めるなら、まず損をしていい金額を決めること。
金銭感覚
ご祝儀や贈り物でけちると、人付き合いの運が下がる。
プラス思考
明るい服を着ると、気分も明るくなる。
緊張・あがり症
緊張したら、体の珍しい変化を楽しむくらいでちょうどいい。
犬のぼけは、脳細胞の死滅によって生じる。

数字トリック見破
30方法

お気に入り3 読んだ
24

金額きくなると、
金銭感覚くなる

金額が大きくなると、金銭感覚が鈍くなる。 | 数字のトリックを見破る30の方法

  • ょっとだけまけてくださいよ」

お客として、あなたが店員に値切り交渉をします。

あなたはお店の常連客であり、店員とも仲のいい間柄です。

  • 「いつも来てくださっているお客様だし、少しくらいならまけてもいいかな」

店員は、どうやら少しくらいなら、まけてくれそうな姿勢です。

店員が「まけてもいいが次のどちらかを選んでほしい」と言ってきました。

あなたなら、どちらを選びますか。

  1. 1,000円の商品を、500円にまけてもらう
  1. 50万円の商品を、49万円にまけてもらう

あなたは、とっさに(2)より(1)を選んだのではないでしょうか。

小さな金額のためお願いしやすく、500円分の得もあるため、思わず(1)を選びがちです。

 

しかし、正解から申し上げますと、本当は(2)のほうがお得です。

差し引かれた金額を見てみましょう。

まず(1)は500円しか安くなっていませんが(2)は1万円も安くなっています。

「50万円の商品を49万円」では、あまり変化がないと感じますが「万単位」ですから、金額の変化は大きいです。

単位までしっかり確かめることです。

人間の金銭感覚は、金額が大きければ大きいほど、鈍感になります。

あなたは賢い消費者になるために、どうせまけてもらうなら「50万円の商品を49万円」にお願いします。

数字の変化は小さくても、金額は大きいのです。

数字のトリックを見破る方法 その24

  • 金額きくなっても、
    数字変化をしっかり確認する
試験結果の90点は、ほぼ100点と考えていい。

もくじ
(数字のトリックを見破る30の方法)

同じカテゴリーの作品