人生の教科書



投資

お金が増える
30のお金の使い方

お気に入り46 読んだ
30

結局最後は
「よい影響」しか残せない。

結局最後は「よい影響」しか残せない。 | お金が増える30のお金の使い方

私は毎月、プラス・マイナス・ゼロの生活をしています。

仕事で10万円を稼いだら、その月に10万円を使います。

稼いだお金は、自己投資やHappyLifeStyleのために使います。

投資をすれば、もっと稼げるようになります。

20万円を稼げるようになっても、なるべく20万円を使い切るようにします。

稼いだお金は、自己投資やHappyLifeStyleのために使います。

自分の成長とHappyLifeStyleの規模だけが大きくなります。

投資を繰り返していくと、だんだん1カ月で稼げる給料が増えていきます。

月に10万円から20万円、20万円から30万円へと増えていきます。

いつかは100万円や1000万円になるかもしれません。

そうなったとしても、プラス・マイナス・ゼロの生活を続けることでしょう。

稼いだお金は、できるだけ全部使い果たします。

稼ぐお金の量も増えますが、使うお金も増えていきます。

他人から見れば、お金をたくさん使っているので、お金持ちと思われる一面もあるかもしれません。

 

しかし、私は、プラス・マイナス・ゼロの生活をしているので、お金が残っていないのです。

このサイクルを繰り返して、HappyLifeStyleをどんどん大きくします。

できるだけたくさんの人に、できるだけ「よい影響」を与えたいからです。

それでいいと思っています。

死ぬときに、あの世にお金を一銭も持っていくことはできません。

残していけるのは、この世において、人々に与えた影響だけです。

よい影響をたくさん残して、次の世代につなげます。

役目が終われば、私はそれでこの世を去っていきたいと思います。

私だけでなく、生きとし生けるものは、すべて、そういう役目を担っています。

お金は、残しても仕方ないのです。

そもそも残せないのです。

死ねば、お金は関係ありません。

大切なことは「この世においてどのような影響を与えたか」です。

残すのは、お金ではなく、よい影響だけにしましょう。

最後は、それしか残せないのです。

人・地球・環境・社会が喜ぶようなことができれば、お金がなくても十分豊かになれます。

安心して、幸せの中で、この世を去ることができるのです。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その30
  • 残すのは、
    お金ではなく、
    よい影響だけにする。
まとめ

もくじ
(お金が増える30のお金の使い方)

同じカテゴリーの作品