投資

お金が増える
30のお金の使い方

読んだ お気に入り60
1

本当のお金持ちは、
見るからに質素である。
質素だから、
お金が貯まる。

本当のお金持ちは、見るからに質素である。質素だから、お金が貯まる。 | お金が増える30のお金の使い方

使えば使うほど増えるお金の使い方のためには「損」と「得」のバランスを考えます。

できるだけ損を減らし、得を増やすという単純な方法を考えます。

OUTをできるだけ減らして、INをできるだけ増やすということです。

小学生でも分かる、シンプルな話ですね。

まとめますと、次の一言です。

「元手がかからず、利益率の高いことをする」

資本主義社会で生活をしているかぎり、あらゆる生活に通じるポイントです。

100円で10,000円の利益を得るということです。

できるだけ元手がかからず、効果が大きいことをしようとするようになります。

こうした考え方を身につけることが、まず大切なことです。

元手がかからず利益率が高ければ、赤字になりませんから、破綻することもありません。

お金は必ず増えていくはずなのです。

貧乏な人は、決まって「元手がかかり、利益率の低いこと」をしています。

見栄や体裁を気にしているからです。

  • 新曲
  • 新車
  • ブランドのかっこいいバッグ
  • 最新のファッション
  • 流行している小物

どれもかっこいいものです。

 

しかし、どれもお金がかかります。

そのうえ、そういうものが新たにお金を生み出すこともありません。

せいぜい、他人からかっこいいねと言われて、自己満足するくらいです。

本当のお金持ちは、みんな、かっこ悪いものです。

「元手がかからず利益率の高いこと」をすれば、かっこが悪くなります。

  • 最新のものを追いかけない
  • 買い物は、安売りの時間帯に行く
  • 本は古本屋で買う
  • 一度買った電化製品は、壊れるまで使う
  • 中古の車に乗る

どれもかっこ悪いです。

 

しかし、どれも「元手がかからず利益率の高いこと」です。

本当のお金持ちは、本来、質素なのです。

質素にもかかわらず、なぜお金があるのかというと「元手がかからず利益率の高いこと」をしているからです。

お金を使えば使うほど増える本質です。

お金持ちは、このポイントに気づいています。

「元手がかからず、利益率の高いことをする」

この鉄則を、初めにしっかり押さえておきましょう。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その1
  • 元手がかからず、利益率の高いことをする。
お金を稼ぐために、運や偶然は必要ない。
必要なのは、勉強と行動。

もくじ
お金が増える30のお金の使い方
本当のお金持ちは、見るからに質素である。質素だから、お金が貯まる。 | お金が増える30のお金の使い方

  1. 本当のお金持ちは、見るからに質素である。
    質素だから、お金が貯まる。
  2. お金を稼ぐために、運や偶然は必要ない。
    必要なのは、勉強と行動。
  3. 小金持ちでいいなら、心のきれいさは関係ない。
    大金持ちを目指すなら、心のきれいさも必要になる。
  4. 「豊かさ」という曖昧な表現を使わない。
    「数字」で表現する人がお金持ちになれる。
  5. 何気なくお金を使う人は、お金持ちになれない。
  6. 出ていくお金と入ってくるお金を、細かくチェックするだけでいい。
  7. たいていの場合、お金がなかなか貯まらない原因は、小さな出費だ。
  8. お金の無駄遣いだけが浪費でない。
    時間の無駄遣いも浪費になる。
  9. 人目を気にする人は、見栄のために、お金がどんどん消えていく。
  10. お金は、使えば使うほど、増えていく。
  11. 自分への成長にお金を使う人が、お金持ちになれる。
  12. まず、自分を高めておかないと、価値の高い仕事もできない。
  13. 「自己投資」という名の見栄に、お金を使っていませんか。
  14. 損をしても、得を取ればいい。
  15. 節約話は、どんどんネタにしてしまおう。
  16. 節約をしていると、生活が活性化される。
  17. 物を捨てれば、時間もお金も増えていく。
  18. 仕事は「お金」ではなく「好きな気持ち」で選ぶ。
  19. 時間を売って、お金を得る。
    お金があっても、使う時間がない。
    この矛盾に気づいていますか。
  20. 「安い」と感じるのは、興味がある証拠。
    「高い」と感じるのは、興味がない証拠。
  21. 人間関係のために使うお金は、自分に跳ね返ってくる。
  22. お金持ちは、堂々とお金の話をする。
    貧乏人は、お金の話を避けたがる。
  23. お金持ちは、お金を払って時間を買う。
    貧乏人は、時間を売ってお金を稼ぐ。
  24. 貧乏人は「足し算」でお金を稼ぐ。
    お金持ちは「掛け算」でお金を稼ぐ。
  25. 若いころの、時給のアルバイトには要注意。
  26. 若いときこそ、自分磨きのために、たくさん勉強する。
  27. 節約のために食事を削っても、ストレスが増えて、余計な出費が増える。
  28. 行きたくもない飲み会のために、お金と時間を使うくらいなら、本を1冊買って読む時間に回すほうがいい。
  29. 好きなことだけ深めよう。
  30. 結局最後は「よい影響」しか残せない。

同じカテゴリーの作品