人生の教科書



読み上げ動画・音声
投資
若いときこそ、自分磨きのために、たくさん勉強する。
金銭感覚
家族旅行でけちってはいけない。
投資
節約話は、どんどんネタにしてしまおう。
投資
我慢が付きまとうことは、長続きしない。

える
30のお使

お気に入り32 読んだ
12

まず、
自分めておかないと、
価値仕事もできない

行投資」という言葉があります。

先にお金を払って投資して、後から払った以上の利益を得るということです。

 

たとえば、100円払ってヒマワリのタネを買い、大きく育てて1,000円で売るという考えです。

900円の利益がありますね。

初めに損はあっても、成長して、後から得があります。

 

しかし、何でも先に投資すれば、後から損以上に利益が得られるわけではありません。

当たり外れがあります。

大きく育ったヒマワリは1,000円で売れても、大きく育ったキクの花は高値で売れないかもしれません。

時と場合にもよるでしょう。

1年後にヒマワリの売れない世の中になっていれば、売れないかもしれませんね。

先行投資にも、いろいろあります。

 

しかし、どんな人にも共通する一番大切な「先行投資先」があります。

自分です。

初めに自分が育たなければ、人生をうまく管理することができなくなります。

賢くなるために自分に投資します。

自分が成長しないのに、誰かを成長させられるでしょうか。

誰かに豊かさを与えるなら、それだけに値する自分に成長することが必要です。

まず自分に先行投資するのです。

作家は、本を書く前に、本を読んでいます。

たくさんの本を読んで先行投資しておかないと、よい作品が書けないからです。

本を買って読むことで、自分に先行投資をしています。

優れたアウトプットのためには、優れたインプットが必要です。

よい結果を生み出すためには、まず自分に投資が必要なのです。

お金が増えるお金の使い方 その12

  • 自分成長させるために、
    自分投資する
「自己投資」という名の見栄に、お金を使っていませんか。

もくじ
(お金が増える30のお金の使い方)

同じカテゴリーの作品