人生の教科書



投資
損をしても、得を取ればいい。
投資
結局最後は「よい影響」しか残せない。
投資
お金の無駄遣いだけが浪費でない。
時間の無駄遣いも浪費になる。
金銭感覚
節約をして、性格が悪くなっては元も子もない。
投資

お金が増える
30のお金の使い方

お気に入り31 読んだ
16

節約をしていると、
生活が活性化される。

節約をしていると、生活が活性化される。 | お金が増える30のお金の使い方

無駄遣いの多い人は、たくさん物を買って、生活がだらだらします。

「これくらい、まあいいか。あれくらい、まあいいか。あれ、いつの間にかお金がなくなっている」

こういう悪循環になります。

実は節約しているほうが、生活が引き締まります。

私は節約が大好きです。

節約をしているからとはいえ、生活の中に嬉しいことも楽しいこともないのかというと、そうではありません。

逆です。

嬉しいことや楽しいことが、どんどん増えていきます。

節約をしていると、不思議なことに、生活が活性化されます。

友達との関係もよくなり、お金も時間も増えていきます。

少しでも小さな金額で、大きな得を得ようと考えます。

100円ショップで買った小物を3年間使おうとします。

「たった100円なのに3年も使った」と思えば、無性に嬉しくなります。

「やった。元は取った! 得をしたぞ!」

ゲームに勝ったような気分です。

宝物を掘り当てた感覚です。

 

一方、お金の失敗をすることもあります。

「3万円も出して買ったのに長持ちしなかった」というときです。

ひどく悔しくなります。

スポーツの試合で負けたときの、あの悔しい気持ちと同じです。

涙がこぼれそうになります。

実際、涙をこぼしたこともあります。

節約をし始めると、生活の中に喜怒哀楽が増え、活性化されるのです。

お金がないと付き合えない、表面的な付き合いが減ります。

お金ではなく、心を基準とした本当の交友関係が結べるようになります。

節約をしようと試みて、初めてできることです。

節約をする生活の怠けがなくなり、むしろ活性化するのです。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その16
  • 節約をして、生活を引き締める。
次のページ >>
物を捨てれば、時間もお金も増えていく。

もくじ
(お金が増える30のお金の使い方)

同じカテゴリーの作品