投資

お金が増える
30のお金の使い方

読んだ お気に入り32
16

節約をしていると、
生活が活性化される。

節約をしていると、生活が活性化される。 | お金が増える30のお金の使い方

無駄遣いの多い人は、たくさん物を買って、生活がだらだらします。

「これくらい、まあいいか。あれくらい、まあいいか。あれ、いつの間にかお金がなくなっている」

こういう悪循環になります。

実は節約しているほうが、生活が引き締まります。

私は節約が大好きです。

節約をしているからとはいえ、生活の中に嬉しいことも楽しいこともないのかというと、そうではありません。

逆です。

嬉しいことや楽しいことが、どんどん増えていきます。

節約をしていると、不思議なことに、生活が活性化されます。

友達との関係もよくなり、お金も時間も増えていきます。

少しでも小さな金額で、大きな得を得ようと考えます。

100円ショップで買った小物を3年間使おうとします。

「たった100円なのに3年も使った」と思えば、無性に嬉しくなります。

「やった。元は取った! 得をしたぞ!」

ゲームに勝ったような気分です。

宝物を掘り当てた感覚です。

 

一方、お金の失敗をすることもあります。

「3万円も出して買ったのに長持ちしなかった」というときです。

ひどく悔しくなります。

スポーツの試合で負けたときの、あの悔しい気持ちと同じです。

涙がこぼれそうになります。

実際、涙をこぼしたこともあります。

節約をし始めると、生活の中に喜怒哀楽が増え、活性化されるのです。

お金がないと付き合えない、表面的な付き合いが減ります。

お金ではなく、心を基準とした本当の交友関係が結べるようになります。

節約をしようと試みて、初めてできることです。

節約をする生活の怠けがなくなり、むしろ活性化するのです。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その16
  • 節約をして、生活を引き締める。
物を捨てれば、時間もお金も増えていく。

もくじ
お金が増える30のお金の使い方
節約をしていると、生活が活性化される。 | お金が増える30のお金の使い方

  1. 本当のお金持ちは、見るからに質素である。
    質素だから、お金が貯まる。
  2. お金を稼ぐために、運や偶然は必要ない。
    必要なのは、勉強と行動。
  3. 小金持ちでいいなら、心のきれいさは関係ない。
    大金持ちを目指すなら、心のきれいさも必要になる。
  4. 「豊かさ」という曖昧な表現を使わない。
    「数字」で表現する人がお金持ちになれる。
  5. 何気なくお金を使う人は、お金持ちになれない。
  6. 出ていくお金と入ってくるお金を、細かくチェックするだけでいい。
  7. たいていの場合、お金がなかなか貯まらない原因は、小さな出費だ。
  8. お金の無駄遣いだけが浪費でない。
    時間の無駄遣いも浪費になる。
  9. 人目を気にする人は、見栄のために、お金がどんどん消えていく。
  10. お金は、使えば使うほど、増えていく。
  11. 自分への成長にお金を使う人が、お金持ちになれる。
  12. まず、自分を高めておかないと、価値の高い仕事もできない。
  13. 「自己投資」という名の見栄に、お金を使っていませんか。
  14. 損をしても、得を取ればいい。
  15. 節約話は、どんどんネタにしてしまおう。
  16. 節約をしていると、生活が活性化される。
  17. 物を捨てれば、時間もお金も増えていく。
  18. 仕事は「お金」ではなく「好きな気持ち」で選ぶ。
  19. 時間を売って、お金を得る。
    お金があっても、使う時間がない。
    この矛盾に気づいていますか。
  20. 「安い」と感じるのは、興味がある証拠。
    「高い」と感じるのは、興味がない証拠。
  21. 人間関係のために使うお金は、自分に跳ね返ってくる。
  22. お金持ちは、堂々とお金の話をする。
    貧乏人は、お金の話を避けたがる。
  23. お金持ちは、お金を払って時間を買う。
    貧乏人は、時間を売ってお金を稼ぐ。
  24. 貧乏人は「足し算」でお金を稼ぐ。
    お金持ちは「掛け算」でお金を稼ぐ。
  25. 若いころの、時給のアルバイトには要注意。
  26. 若いときこそ、自分磨きのために、たくさん勉強する。
  27. 節約のために食事を削っても、ストレスが増えて、余計な出費が増える。
  28. 行きたくもない飲み会のために、お金と時間を使うくらいなら、本を1冊買って読む時間に回すほうがいい。
  29. 好きなことだけ深めよう。
  30. 結局最後は「よい影響」しか残せない。

同じカテゴリーの作品