人生の教科書



投資

お金が増える
30のお金の使い方

お気に入り47 読んだ
20

「安い」と感じるのは
興味がある証拠。
「高い」と感じるのは、
興味がない証拠。

「安い」と感じるのは、興味がある証拠。「高い」と感じるのは、興味がない証拠。 | お金が増える30のお金の使い方

お店の中に入り商品を見たとき「値段が高い!」と感じるものは、あなたが好きなものではありません。

関心も興味もない商品は、値札を見たとき、高いと感じます。

人間は、関心のないものには一銭も払いたくないと思います。

関心や興味のあることに、お金を払いたいと思うのです。

あなたが本当に好きなことは、値札を見て「安い!」と必ず感じるはずです。

その分野に関して価値観、関心、興味があるからこそ「それに比べてこの値段は安い」ということになります。

値段を見て「高い」と感じるか「安い」と感じるかは、それに対して、それだけ興味・関心・理解があるかが反映されています。

そもそも本に興味がない人は、たった100円の古本ですら、高いと感じます。

単なる「紙の塊」としか感じません。

その分野に関心も興味もない人は、理解がないので、価値も分かりません。

ゆえに高く感じます。

100円も払えないと思うのです。

本が大好きな人は、必ず本の値段を安いといいます。

本が大好きだからこそ、1冊の本を書くまでにどれだけ大変か、どのくらい役立つかを理解しているからです。

その分野に理解があれば、価値が高く感じられます。

1冊の本が、1,000円しても安すぎて、申し訳なく思います。

価値があるのを知っているのに1,000円なのは、どう考えても安すぎて、信じられない破格に映ります。

安いと感じるのは、興味・関心・理解がある証拠です。

あなたに適正があるということです。

そういうものをどんどん買って、もっと自分の気持ちを高めていくことです。

自分の生き方を貫き、仕事にもつながり、ゆくゆくは給料にもつながります。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その20
  • 安いと感じる物を買う。
人間関係のために使うお金は、自分に跳ね返ってくる。

もくじ
(お金が増える30のお金の使い方)

同じカテゴリーの作品