投資

お金が増える
30のお金の使い方

読んだ お気に入り29
22

お金持ちは、
堂々とお金の話をする。
貧乏人は、
お金の話を避けたがる。

お金持ちは、堂々とお金の話をする。貧乏人は、お金の話を避けたがる。 | お金が増える30のお金の使い方

お金持ちと貧乏人との間には、お金に対する意識に大きな差があります。

お金持ちは、堂々とお金の話をしたがることに対して、貧乏人はお金の話を避けたがるということです。

まったく逆です。

この意識の差が、行動の差に表れます。

行動の差が、収入の差に表れるのです。

お金持ちは、お金の話をどんどんします。

お金に対して、恥ずかしさというものがありません。

お金持ちは、レストランでも、堂々と「領収書をください」と言います。

 

しかし、貧乏人は、貧乏だと思われたくないから「領収書をください」となかなか言えません。

領収書をもらえないから、お金の管理がうまくできなくなります。

お金の管理ができなければ、貧乏からも抜け出せません。

お金持ちは、節約の話をどんどんします。

節約の話をすると、貧乏だなと思われます。

 

しかし、お金を目当てにしている友達が減り、本当の友達が残ります。

貧乏人は、節約の話をすると貧乏人だと思われるから、したがりません。

宝くじに当たった話、給料がアップした話など「自分に都合のいい話」だけをします。

すると「お金、持っているんだろ。少し貸してくれないか」と友達から言い寄られます。

貸したお金に限って、なかなか返してくれません。

友達と喧嘩をして、お金も友達も両方失います。

お金の話をすると「いやらしい」と受け取る人がいます。

お金から、目を背けているのです。

そういう人は、お金にも恵まれません。

貧乏人は、お金の話を嫌がるので、もっとお金から遠ざかります。

お金の話を堂々とできる人は、お金をしっかり見つめることができています。

収入や支出はもちろんのこと、節約、お金の流れなど、細かなお金のことまでしっかり勉強します。

お金が貯まりやすいです。

お金の話は、堂々とできるようにならないといけないのです。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その22
  • 堂々と、お金の話ができるようになる。
お金持ちは、お金を払って時間を買う。
貧乏人は、時間を売ってお金を稼ぐ。

もくじ
お金が増える30のお金の使い方
お金持ちは、堂々とお金の話をする。貧乏人は、お金の話を避けたがる。 | お金が増える30のお金の使い方

  1. 本当のお金持ちは、見るからに質素である。
    質素だから、お金が貯まる。
  2. お金を稼ぐために、運や偶然は必要ない。
    必要なのは、勉強と行動。
  3. 小金持ちでいいなら、心のきれいさは関係ない。
    大金持ちを目指すなら、心のきれいさも必要になる。
  4. 「豊かさ」という曖昧な表現を使わない。
    「数字」で表現する人がお金持ちになれる。
  5. 何気なくお金を使う人は、お金持ちになれない。
  6. 出ていくお金と入ってくるお金を、細かくチェックするだけでいい。
  7. たいていの場合、お金がなかなか貯まらない原因は、小さな出費だ。
  8. お金の無駄遣いだけが浪費でない。
    時間の無駄遣いも浪費になる。
  9. 人目を気にする人は、見栄のために、お金がどんどん消えていく。
  10. お金は、使えば使うほど、増えていく。
  11. 自分への成長にお金を使う人が、お金持ちになれる。
  12. まず、自分を高めておかないと、価値の高い仕事もできない。
  13. 「自己投資」という名の見栄に、お金を使っていませんか。
  14. 損をしても、得を取ればいい。
  15. 節約話は、どんどんネタにしてしまおう。
  16. 節約をしていると、生活が活性化される。
  17. 物を捨てれば、時間もお金も増えていく。
  18. 仕事は「お金」ではなく「好きな気持ち」で選ぶ。
  19. 時間を売って、お金を得る。
    お金があっても、使う時間がない。
    この矛盾に気づいていますか。
  20. 「安い」と感じるのは、興味がある証拠。
    「高い」と感じるのは、興味がない証拠。
  21. 人間関係のために使うお金は、自分に跳ね返ってくる。
  22. お金持ちは、堂々とお金の話をする。
    貧乏人は、お金の話を避けたがる。
  23. お金持ちは、お金を払って時間を買う。
    貧乏人は、時間を売ってお金を稼ぐ。
  24. 貧乏人は「足し算」でお金を稼ぐ。
    お金持ちは「掛け算」でお金を稼ぐ。
  25. 若いころの、時給のアルバイトには要注意。
  26. 若いときこそ、自分磨きのために、たくさん勉強する。
  27. 節約のために食事を削っても、ストレスが増えて、余計な出費が増える。
  28. 行きたくもない飲み会のために、お金と時間を使うくらいなら、本を1冊買って読む時間に回すほうがいい。
  29. 好きなことだけ深めよう。
  30. 結局最後は「よい影響」しか残せない。

同じカテゴリーの作品