人生の教科書



読み上げ動画・音声

える
30のお使

お気に入り25 読んだ
22

金持ちは、
堂々とおをする
貧乏人は、
けたがる

金持ちと貧乏人との間には、お金に対する意識に大きな差があります。

お金持ちは、堂々とお金の話をしたがることに対して、貧乏人はお金の話を避けたがるということです。

まったく逆です。

この意識の差が、行動の差に表れます。

行動の差が、収入の差に表れるのです。

お金持ちは、お金の話をどんどんします。

お金に対して、恥ずかしさというものがありません。

お金持ちは、レストランでも、堂々と「領収書をください」と言います。

しかし、貧乏人は、貧乏だと思われたくないから「領収書をください」となかなか言えません。

領収書をもらえないから、お金の管理がうまくできなくなります。

お金の管理ができなければ、貧乏からも抜け出せません。

お金持ちは、節約の話をどんどんします。

節約の話をすると、貧乏だなと思われます。

しかし、お金を目当てにしている友達が減り、本当の友達が残ります。

貧乏人は、節約の話をすると貧乏人だと思われるから、したがりません。

宝くじに当たった話、給料がアップした話など「自分に都合のいい話」だけをします。

すると「お金、持っているんだろ。少し貸してくれないか」と友達から言い寄られます。

貸したお金に限って、なかなか返してくれません。

友達と喧嘩をして、お金も友達も両方失います。

お金の話をすると「いやらしい」と受け取る人がいます。

お金から、目を背けているのです。

そういう人は、お金にも恵まれません。

貧乏人は、お金の話を嫌がるので、もっとお金から遠ざかります。

お金の話を堂々とできる人は、お金をしっかり見つめることができています。

収入や支出はもちろんのこと、節約、お金の流れなど、細かなお金のことまでしっかり勉強します。

お金が貯まりやすいです。

お金の話は、堂々とできるようにならないといけないのです。

お金が増えるお金の使い方 その22

  • 堂々と、
    ができるようになる
お金持ちは、お金を払って時間を買う。
貧乏人は、時間を売ってお金を稼ぐ。

もくじ
(お金が増える30のお金の使い方)

同じカテゴリーの作品